メイン | 2006年5月 »

2006年4月28日 (金)

怪我ではありません

私のきたない右手です。親指の外側のテープは指穴の大きさを調整する目的のほか、すべりをよくする為の「滑るテープ」を貼っています。ボールの内側のボールには直接(親指の内側が当たる部分)グリップをしっかりする為に、少しゴムっぽいテープを貼っています。人差し指と中指・薬指にはべたっとした感じのテープを巻いています。人差し指は指穴に入れませんが、ボールをしっかりホールドしたい部分です。中指と人差し指はボールに回転を与える為に、親指が抜けた後、なるべく長くこの2本でボールをキープしたいと思っています。昨日も書いていますが、回転は本当にいくらあっても足りないくらいです。スピードと回転がリンクしているのが理想です。そのためには、フットワーク。若い時の強さが欲しいものです。shock

恥ずかしくないよ

はじめまして。プロボウラーになって30年が過ぎました。ですから、ボウリングのことなら、何でもお答えできると思います。どんなことでも、例えば、「今さら聞けない」ってことを聞いて下さい。私の中では、空気みたいに当たり前でも、「何でかなぁ」と思うことってありませんか。そんな質問を待っています。ちなみに 先日「何で、ドライヤーみたいに空気がでているの?」と聞かれましたから、それから行きます。  答え?ボウリングはボールをしっかりグリップして持ちます。回転が多いほど、ピンが倒れるからです。その回転をかけるのに、指・手に汗をかいていると滑ってしまい、うまくかかりません。ボールが指から滑り落ちると、スーッとボールがすべります。(回転しないで)人はそれぞれで、汗をかく人、かかない人がいます。私はかかないので、ほとんどドライヤーは使いません。ないとずるずるして投げられない人もいます。汗が出ないのに、クセでドライヤーを使っている人もいます。smile                                                                  <ボールラック>

最近の写真

  • 129l
  • 129g
  • Pro
  • Jyosi
  • Guest