« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月27日 (火)

講習会の写真

先日行った、ボウリングの講習会の写真です。
参加者19名です。
何を偉そうにしゃべっているのやら。smile

大先輩のすみプロからがんばれメールを頂きました。
勉強家の方は、どんな人の講義も聞いてみたいという
姿勢があるのですね。memoすごい。
(これ、すみプロの事)
でも、私のつたない講義では・・・・。
こちらが緊張して何をしゃべるか分らなくなるのでしょうね。きっと。shock

何でも経験と、体当たりしたいと思っています。
いくつになっても好奇心は衰えさせないようにします。

2007年11月26日 (月)

石川さん

ジャパンオープンでご一緒した方からメールを頂きました。
うれしいです。smile
このブログを見て頂けた事にも感謝!
石川さんアマチュアの方ですが、すごく上手でした。
悩んでshockいらっしゃる事が不思議なくらい。
ボウリングは少し角度を変えると
(見方や、体の使い方)
ガラッと変わることがあります。
迷ったら、すこし見方を変えてみたらいいと思います。
皆さん、楽しいボウリングを。

ボウリング豆知識�

現在のボウリングボールは非金属性のもので。という規定があります。
金属は使えないってことです。
ちょっと昔はタドンと渾名されるくらい黒一色。
硬質ゴムでつくられていました。
この硬質ゴムで造られるようになったのは1905年。
では、それ以前は何で造られていたのでしょうか?
↓↓↓↓↓↓↓↓





何と「木」
はじめは指穴もあいてなかったとか。
ある試合で指穴を(親指と中指の二つ)あけて投げた人の
成績が良かったので、それから指穴をあけるという考え方が生まれたそうです。
トップウエイトがなかったので、ピンの飛びも悪かったでしょうね。

ちなみに、ボウリングメーカーのブランズウィックさんは
世界で一番古いスポーツ用品を取り扱う会社だとか。
設立1845年。
多分????誰も生まれてなかったですね。smile

2007年11月12日 (月)

指導員養成講習会

10月に2日。11月に2日。
合計4日間、ボウリングの指導員講習会の講師を務めました。
1日目 �スポーツ界の現状とボウリング界
     ボウリングの歴史とボウリングの特性
    �コーチ、指導員の必要性
     基本指導法
    �レーンコンディションの変化
以上、7時間の講義を担当。
終わると声が出なくなってしまいました。
学校の先生って毎日授業でしゃべるのだから、本当に大変なんだなぁと思います。
この講義のためにパワーポイントを購入。
アニメーションが面白くて遊んでしまいました。
また、お陰でボウリングの勉強もし、自分のためにもなり、有難いです。
2日目は 基礎体力の重要性
     体力アップトレーニング(1)
3日目は なんと9時間4講座。受講生も大変です。
4日目は栄養とボウリング。試合日程とボウリングです。

そしてテスト問題を作成。ひねくれた問題にならないよう、
皆さんに嫌われないように。
しかし、理解度が図れるようにと気を使いました。
幸い、みなさん合格点の60点をクリアして頂き
こちらもホッとしました。

不得手な科目は、それぞれ得意な方に教わりに行き、
何とか無事に終了。
この場をおかりし、ドリラーの日坂さん、水野成祐プロにお礼を申し上げます。貴重な資料ありがとうございました。

また、日頃からご指導頂いている宮田哲郎プロ、
すみ光保プロにも心からお礼を申し上げます。
過去にお二人の講義を受けていなければ、
方法も判らなかったことでしょう。
受けさせて頂いた講義の内容が
おおいに役立ちました。
また、その他の昔からの資料をあちこちかき集め、
こんな風に説明なさったなぁなどと振り返ることが
できました。
皆様ありがとうございました。

2007年11月 5日 (月)

ジャパンオープン


東京・池袋のハタボウリングセンターでジャパンオープンが開催されました。
参加者1000名余のビッグな試合です。
私は今年、順位戦に出ていないので、
この大会のみの出場です。
4人チーム戦・ダブルス・シングルと各3ゲーム、
計9ゲーム投げます。
20年近く住んでいた横浜のボウラーとともにチームを組みました。
伊東和子プロ・川口さん・きくちゃんです。
オリジナルユニフォームは格好いいでしょう?
ベストドレッサーの候補にもあがりました。
私はがんばってオールエベンツにも残りました。が・・・。
クィーンズの予選ではボロボロ。
握力がだめでした。
でもとても楽しかった!!!!

最近の写真

  • 129l
  • 129g
  • Pro
  • Jyosi
  • Guest