« 2008年11月 | メイン | 2009年1月 »

2008年12月28日 (日)

ボールの色

「ボールって9号がオレンジと色が決まっていますよね?あれって統一されているのですか?どうやって決めているのですか?なんとなく疑問に思ったので・・・」

こんな素朴な疑問、大歓迎sign01
ボウリング界にどっぷり浸かっていると
自分たちの常識ができてしまい、
うっかりしてしまう事が多くなってきます。

当然知っていると思ってその次からの
話や、専門用語をたくさん使ってしまう。
その専門用語が、世間でも通じていると
勘違いしてしまうことがよくあります。

このような質問を頂くと、
自分を振り返れます。

まず「ボールの9号」と言われていますが、
ボールの数字の大きな「9」は9ポンド
と言うことです。


1ポンドは約450g
ボールの重さは16ポンド以内と決まっています。
重さの他の数字は整理番号です。

9ポンドがオレンジというのは
決まっていません。
作っているメーカーが決めています。
メーカーにより違いますが、
10ポンド以下は明るい色が多いと思います。

軽いボールは女性が多く使うので
赤やピンク、オレンジなどが多いようです。

ボウリングは重いボールを使うほど
有利なスポーツです。
10ポンド以上は使いたいものです。smile

また、このような素朴な疑問をお待ちしています。smile

2008年12月 2日 (火)

カキ〜ンとボールの音がなる方法?

カキ〜ンとボールの音が鳴る方法は?」
と言うご質問を頂きました。

多分ボールの音と言うよりは、ピンが弾ける音では
ないかと思いますが、

まずはボールからいい音が出る方法からお話します。
ボールを離す(リリースと言います)時に足を前後に開き
(アキレス腱のストレッチ運動をするような感じ)
しっかり腕を振って投げましょう。
するとコンと言ういい音がします。

カキ〜ンでしたね。
コンといういい音でレーンに落ちたボールが

右投げ・・・一番前にある�番ピンとその右にある�番ピンの間にボールが行くようにする

左投げ・・・一番前の�番ピンとその左にある�番ピンの間にボールが行くようにする。

ここをポケット(ストライクコース)と呼びます。

しっかり腕を大きく、ゆったりと振り
ボールがポケットに行くとストライクがでやすくなります。

このポケットにしっかり当たり、ストライクになると
カキ〜ンといい音がする筈です。

試してみて下さい。

最近の写真

  • 129l
  • 129g
  • Pro
  • Jyosi
  • Guest