« WBCを見に行ってきました | メイン | ストライクを出す方法② »

2009年3月 2日 (月)

ストライクを出す方法①

皆さんはドミノ倒しを見たことがありますか?

ボウリングでストライクを取りたかったら、

決してボールでonezero本のピンを倒そうと思ってはだめwobbly

ドミノ倒しのように倒れる角度にボールを当て、

ピンがピンを倒すのを狙います。

実際にボールがピンに当たるのは

five本。 

通常はせいぜいfour本くらいしかボールはピンに当たっていません。

Photo

これはピンデッキと言ってピンが立っている所。

結構ピンとピンの間があるでしょう???

{ピンの中心から中心は30.48cm  

ピンの側面の幅は18.4cm ちなみにボールの直径は21.5cm}

まずはこの一番前のone番ピンに当てることです。

右利きの場合ですが

パーフェクトストライクと呼ばれる倒し方は

一番ピンの右と三番ピンの左にボールが当たり

ピンはonetwofourseven  threesixonezeroと倒し

ボールはfivenineと進んで行きます。

fiveeightを倒します。

ピンの番号は  seven  eight  nine  onezero

           four   five   six

             two   three

               one

このように並んでいます。

今日はここまで。

次回はフックボールがストライクへの道についてお話します。          

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394740/18741365

ストライクを出す方法①を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真