« 宮崎プロアマオープンを終えて② | メイン | 宮崎プロアマの後始末 »

2009年5月 1日 (金)

老老介護

先日、清水由貴子さんの自殺が報じられました。

ボウリング番組にも多く出ていらっしゃったし、

Oプロは清水さんをよくご存知なので、少しびっくりです。

宮崎エースレーンでも話題になりました。

やはり、お舅さんやお姑さん・自分の両親や兄弟を

看ているや看た方も多く、他人事ではないよね。って話に。

そこで「ボウリングをしている人って、元気よねぇsign02

「痴呆になる人っていないんじゃないsign02

私もよ~く考えてみると、確かにいません。

ボウリングを止めた方の中で1人いらっしゃるのを知っている位です。

お1人の方が「スペア取る時にさぁ、どうして取ろうかとか、考えるよねぇ。

へたでも、頭を結構使ってるもんね。10フレームとかスペアを取ると

180いくとか、計算もするもんね」と。

ずばり、その通りです。

筑波大の田中教授も言っていらっしゃいました。(週刊現代、その他)

ボウリングは老化防止にとても効果があります。

ボウリングはし続けると、生活習慣になると

本当に役に立つスポーツです。

年配の方がするには最適です。

1.呼吸が乱れにくい。

2.空調のいいところで行う室内競技。

3.適度なゲーム性がある。

4.足も手も使う全身運動。

5.多世代が同時にできる。

6.特別に道具を用意しなくてもいい。(続けると道具は欲しくなるけれど、

  それだって健康の為に自分1人でする分には特になくてもいい。

  ハウスボールで十分)

7.自分のペースでできる。

などなど

仕事が忙しい、若い方にも、次の日にあまり疲労感が残らないから

絶対お勧めです。

週に1.2回、あなたもボウリングをして見ませんか?

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394740/19561747

老老介護を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真

  • 129l
  • 129g
  • Pro
  • Jyosi
  • Guest