« 2009年5月 | メイン | 2009年7月 »

2009年6月30日 (火)

左手(利き腕と反対の手)

今日のボウリング教室での質問です。

60代の女性 右利き

「先日みんなで、写真を撮り合っていた時に、みんなに万歳している。と言われました。どうしたら直りますか?」

私の答え

  ①右腕をまっすぐ前に、そして上に伸ばすには

   反対側の腕の動きはかなり、重要です

  ②左右の腕の動きは連動しているものです。

  ③右肩が前に突っ込まないように、左手には力を入れます。

  ④左手の場所は、右手が動きやすく、安定するところなら、どこでもいいです。

   固定してください。

と、大体以上のような説明をします。

しかし、万歳して、何故いけないのでしょうか。

まっすぐ、前に伸ばす時に、両手一緒に前に行く

リラックスできてていいのではないでしょうか。

両手投げの方は両手でボールを支え、前に一緒に送り出すようにする。

万歳することで、腕がまっすぐ前に、フォロースルーできるのであれば

彼女にそう伝えると「格好が悪くないですか?」

「ピンが倒れるのであれば、それが格好良くなるし、手も伸びるし、力も入っていない。無理に直そうとしない方がいいのでは」とアドバイス。

ボウリングのスタイルは決め付けない。

どんどん変わってますからね。goodhappy01

2009年6月29日 (月)

ニューボール EVOLVE

プラチナトーナメントで思いがけず優勝し、

翌日は体中が痛くてたまりませんでした。shock

宮崎から大会を見に来てくれた(応援?)

くにとみちゃんは出だしのボロボロ状態を見、

「中山プロも見たし、先生、ガンバってくださ~い。

観光に行ってきまーす」と帰りました。

良いとこ見せられずに・・・・・。

後半に入り、来月レジェンドスターから発売になる

EVOLVEを投げてみたら、これがはまり、ピンが飛ぶように

なりました。

  レーンのコンディションが、外へ出ると戻らず。

    タイトではヘッドに厚い。狭いコースを行くしかない状況。

    ちょうどポケットを避けるコースにしか行かなかったのが・・・・

外をうまく使えれば、それが良かったのでしょうが、

まっすぐ行かず、どうしても少し出てしまいました。

 後半のスタート前に15枚をタイトに投げると、良さそう。

 むしろ、そこしかなさそう。flair

 アンギュラーワンで行くと出しすぎた場合はOKだが、

 少しでも内にミスをすると大きく左に逸れてしまう。

 試しにEVOLVEを投げてみると外へ行っても少しは反応があるし、

 内にミスした場合、アンギュラーほど動かない。

 そこを判断基準にスパット3番

 レーンの奥のガイドの左を掠めるような感じで

 転がすことを心がけた。

 おおきなゲームではないが、200アップをし、

 予選 前半 525 後半623 1148ピンで

どうにか3位。

決勝のスタートレーンは

自分でも感心するくらい上手に投げられ、

239点。

レーンコンディションもアプローチコンディションも

それほどやさしくなかったので、

そこで大きくトップに立ったみたいです。

でも上位のところと、投げる場所が少し離れていたので

まったく気がつかず。見えず。

肩・腰・足・すべてに力が入り、180くらいだったと思います。

終わってから、優勝よ。と言われるまで、力んで力んで。

肩も腰も背中も痛くなりました。

翌日は本当に辛いほど。

でも「こんなに体が辛かったら、優勝したくない?」

と尋ねられたら、

「とんでもない。何回でも優勝したい」happy01

そう答えるでしょう。

大会スポンサーの国際スポーツ振興協会様

安心して投げられるボールを作ってくださった 日坂様

ボールを契約してくださっているレジェンドスター様

JLBCの皆様、アマチュアの皆様

宮崎エースレーンの皆様

博多スターレーンの皆様

そして多くの皆様に心より感謝いたします。

中山律子プロへ

何かと気苦労が耐えませんが

もう少し、ボウリング界のために頑張ってください。

ありがとうございます。

2009年6月24日 (水)

第2回プラチナレディース

第2回プラチナレディース
なんと、驚きの事態が。
優勝してしまいました。
写真はお手伝いの若手女子プロ。
彼女たちがこのトーナメントに参加できるまで20年以上あるって。
待てるかなぁ

宮崎空港の神楽

宮崎空港の神楽
今日は、今から東京行き。
明日から、品川プリンスホテルボウリングセンターで開催される
プラチナトーナメント(シニアの大会)があり、出場するためです。
この大会は、日頃、試合に出ない中山律子プロが投げます。和気藹々とした楽しい試合で私もワクワクしています。

2009年6月20日 (土)

ボウリングのスコアがアップするには。

本日は初級コースです。

ボウリングという競技は、単純に60フィート

約18m先に並んでいる10本のピンを倒せばいいsign03

というスポーツです。

重いピン(約1.5kg)10本を倒せばいいのですから、

ボールも重い方が有利に決まっています。

だけど、重いボールをコントロールできなくては意味がありません。

ボールに振り回されているようじゃwobblyトホホです。

体の芯(軸)をしっかりさせ、肩を支点としてボールを

ゆったり振る。

(オープンバックというスウィングでは首の付け根辺りが

支点と考えた方がいい場合もありますが)

自分が思い描くコースにきっちりボールがのって行く。

そこで、はじめてストライクになるかもしれない権利を得る。

そう、権利を得るだけです。

ストライクにならないことも多々あります。

「何で、8番ピンが残るのannoy

「今ので、ピンが残るのはうそやろうpout

と言われても・・・・。

私に尋ねられたら、説明をします。

そして、対策を一緒に考えて伝えます。

(いくつかヒントを与え、結論は自分が出すことが大事)

怒っている人には、苦笑い。bearingするしかありません。

少し怒ってても言いやすい方には「ボールが弱いんやね。修行、修行」

残るには必ず理由があります。

回転不足・スピードがあっていない・入射角度不足やオーバーなどなど

99%は必ず理由があるのです。

極論を言えば、つまるところ、ボールが弱かったね。になるのです。

ただ、一つボウラーが守るスコアアップの方法は

1番ピンを外さないこと。

これにつきます。

1投目のカウント(カウントとは10本セットされたピンを倒した数の事)をよくする

ここも気をつけたいですね。

せっかくのスペアの後に1本では

「でたぁ。スペア殺しshock

泣きたくなります。weep 

2009年6月14日 (日)

ボウリング仲間と旅行③

ボウリング仲間で旅行
コカ・コーラ工場です。

広く、速く生産をする過程に驚きました。

なのに、人は150人弱しか働いていない事に二度ビックリ。

試飲コーナーに昔のコマーシャルが流れて、

若い頃の加山雄三やワイルドワンズが出ていました。

懐かしいなぁ〜と思ってみてたら、

なんと、めったに昔の画像が出て来ないフォーリーブスが出て来ました。

懐かしいのと、こんなものがあるんだ。と嬉しくなりました。

スーパーアイドルだったし、活動していたのに

懐メロにもでないから、不思議です。

歴代のコマーシャル映像を集めたDVDがあれば、欲しいなぁ。

あっそうそう、

コマーシャルソング「この広い地球の果てまでも・・・」というのも

流れていました。

ヤング101が歌っていましたが、これも懐かしく、嬉しかった。

2009年6月13日 (土)

ボウリング仲間と旅行②

ボウリング仲間と旅行
宮崎エースレーンのSSクラブで、

えびの高原に日帰り旅行に来ています。

ホテルで食事をしていたら

窓のすぐそばに鹿の親子が来ました。

可愛かったので・・・・。

ボウリング仲間と旅行

ボウリング仲間と旅行
宮崎エースレーンのSSクラブで、

えびの高原に日帰り旅行に来ています。

みやまキリシマも綺麗、空気も美味しい。

笑い声が絶えない楽しい旅に。

これからコカ・コーラの工場見学です。

帰り着いたら、もちろんボウリングをすると話しています。

宮崎エースレーン

宮崎エースレーン

私が毎週月・火・水の3日間通っている、宮崎エースレーンです。

ボウラーズベンチは珍しい木製です。

私はいつもいて、気付きませんが、

入り口から入ると木の香りがすると言われます。

二階には温泉もあるボウリング場です。

宮崎にお出かけの際は是非、お立ち寄り下さい。

ちなみに木曜日の夜は博多スターレーンにいます。

2009年6月 6日 (土)

10番ピンを倒す方法②

今日は中級から上級者向けです。

ストライクを取るには、ストライクになりやすいポケット

 右投げはone番ピンとthree番ピンの間

 左投げはone番ピンとtwo番ピンの間にボールを

 コントロールさせる必要があります。

 しかし、ポケットをついてもストライクに必ずなる訳ではありません。     

 seven   eight   nine   onezero

   four   five   six

     two   three

       one

 でも、完璧にコースに行ったのに、と思っても、

10番ピン(左投げは7番)が残ることは

避けては通れません。

残るのがボウリングです。catface

しかし、嫌ですよね。

そこで、その10番ピンが残らないようにする対策を

纏めてみました。

レーンの状況・球質により、当てはめる方法が変わります。

色々試してみて下さい。①と②は比較的簡単に試せると思います。

①立つ位置を靴ひとつ程度前にする。・・・投球動作がコンパクトになりスピードが調整できる。

②立つ位置を靴ひとつ後ろにする・・・リリースポイントを後ろにする。一回転増やすつもりで。

③スタンスを板目半枚右へ移動・・・入射角度を厚くする。

④スパットを1枚(2枚)中にする。・・・外に出すと戻りすぎるレーン。中のオイルが少しある時。

⑤スパットを1枚(2枚)外にする。・・・中のオイルが厚すぎる時。外へボールを出す。

⑥ボールを代える。・・・伸びる感じなら転がるボールに。動きを抑えたいなら、走るボール。

などなど。その場の状況で他の対策がいい時もあります。

また、10番ピンが残るのを我慢し、レーンが変わるのを待つ方がいい時もあります。

では、また。

まずは、ストライクflairという方には

ストライクを出す方法①

ストライクを出す方法②

ストライクを狙おう

最近の写真

  • 129l
  • 129g
  • Pro
  • Jyosi
  • Guest