« ニューボール EVOLVE | メイン | 第98回JLBC 九州・山口親善 »

2009年6月30日 (火)

左手(利き腕と反対の手)

今日のボウリング教室での質問です。

60代の女性 右利き

「先日みんなで、写真を撮り合っていた時に、みんなに万歳している。と言われました。どうしたら直りますか?」

私の答え

  ①右腕をまっすぐ前に、そして上に伸ばすには

   反対側の腕の動きはかなり、重要です

  ②左右の腕の動きは連動しているものです。

  ③右肩が前に突っ込まないように、左手には力を入れます。

  ④左手の場所は、右手が動きやすく、安定するところなら、どこでもいいです。

   固定してください。

と、大体以上のような説明をします。

しかし、万歳して、何故いけないのでしょうか。

まっすぐ、前に伸ばす時に、両手一緒に前に行く

リラックスできてていいのではないでしょうか。

両手投げの方は両手でボールを支え、前に一緒に送り出すようにする。

万歳することで、腕がまっすぐ前に、フォロースルーできるのであれば

彼女にそう伝えると「格好が悪くないですか?」

「ピンが倒れるのであれば、それが格好良くなるし、手も伸びるし、力も入っていない。無理に直そうとしない方がいいのでは」とアドバイス。

ボウリングのスタイルは決め付けない。

どんどん変わってますからね。goodhappy01

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394740/20410873

左手(利き腕と反対の手)を参照しているブログ:

コメント

確かに山本プロがおっしゃる通りリラックスして投げれればいいのかも知れないですねhappy01
リラックスして、玉の重さだけで投げれたときの回転は誰が投げたの?というくらいいい玉なげれますしlovely
単純に玉を転がすスポーツですので、力を入れてぶん回しても意外といいことはないですねdelicious

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真