« 夏休みジュニアボウリング教室 | メイン | 阿修羅展 »

2009年8月 1日 (土)

子どもの頃

ボウリング教室での事。

ある方に(70代の女性)しみじみと言われました。

「私さぁ、言われた時はできるけど、すぐ忘れる。happy02

それに直すとこ、いっぱいで先生、教え甲斐がないですね」と。

「そんな事、ないですよ。できたところを見たし。

それに直すとこいっぱいっていうのは、

それだけ伸びしろがたくさんあるって事ですから、good

楽しみじゃぁないですか。直すとこない人は超一流ですよ。」

「そうやね。そう考えようsign02

先生、私は運動好きでお転婆だけど、(先生は)見えないねぇ〜」

そこで私の子ども時代の話しに。

私は父親が転勤族(銀行員)だったので、

小学校3つ、中学校2つ、高校も2つ変わっています。school

特に小学校時代に住んだ太宰府の観世というところは、

大宰府政庁跡に近く、当時は田んぼばかり。horse

遊びと言えば小学生が集まり、男の子も女の子も一緒になって、

二組に別れ(同じ能力のもの同士がじゃんけんする)

缶けり・野球・陣取りなどなど

体を張った遊びばかりしていました。run

中でもリレーごっこは大騒ぎでやってました。

1人が走る距離も相当長く、

田んぼ六つ分の周りを走ってましたから。

毎日がトレーニングしてたことになります。

お陰で5年生の時、女子では学校で一番早く、

次に転校した福岡・浮羽郡・吉井では男女合わせて二番目でした。

男の子に元帥・・・げんすい・・・(山本五十六)とあだ名をつけられたものです。

転校して3日も経たずに地元の子。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394740/20807293

子どもの頃を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真