« わけもん | メイン | ボールを足にぶつける人 »

2009年8月24日 (月)

高校野球

夏の風物詩、高校野球が本日終了。

宮崎エースレーンでボウリング教室を始めるころ

決勝の9回が始まりました。

10対4。

中京大中京は強かったね(過去形)と

話していました。

ところが、2アウトランナー無 から

1点、また1点と点数が入ります。

ボウリング場の中に歓声が響きます。

別にどっちが勝っても関係ない人ばかりです。

なんせ、宮崎ですから。

新潟に勝たせたいね。でも無理ね。。。。。

まだ、4点もあるし。

あれ3点になった。

えっ、1点差。

そこで終了。拍手が起きました。

負けた新潟の日本文理高校の皆さんは笑顔。

それに反して、愛知の中京の子達は涙、涙。

勝利は厳しいんだと、神様が教えたみたい。

それにしても今回教えられたこと、

① 勝利は下駄を履くまではわからない。

② あきらめなければ、道はある。

そして、

③ 高校生たちの気配りのある試合後のインタビュー

何で、あんなに人間が出来てるの?って思います。

チームで勝つというのはチームワーク。

それっていいですね。

個人種目のプロボウラーも見習って欲しいなぁ。

って、思ってしまいました。

そういう私も、周りをよく見て、心配りをして・・・

見習います。wink

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394740/21206043

高校野球を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真