« 打ち合わせも、ちょっと旅行気分 | メイン | 考え方次第 »

2009年9月 7日 (月)

女性ボウラーの苦手なこと

ボウリング教室では最後にスコアをつけて練習します。

ほとんどの方がスコア表示されたと同時に

別人の投げ方をしはじめます。wobbly

練習の時と同じようにリラックスして投げることは

本当に難しいことなんだ。と感じます。think

緊張しないように。happy01

点数を出そう。と思わないで。

点数がでないんじゃないか。と先に心配しないで。

点数は結果ですから、投げることに集中!

スパットに集中!

腕をしっかり、ブラブラな感じでね。

しっかり歩いてね。

などなど、その都度言い方を変えてサジェスチョン。

「先生、割れる・・・(スプリット)bearing

立つところは変えましたか。

「変えてません」

どんな割れ方をするの?

「わからない」

じゃ、残りピンを教えて?

それと見てるから投げてみて・・・

厚く行っているわね。

その位の厚さなら2枚左に立ってみて・・・

「立つところを変えたらいいっちゃね。」

ポケットに行かなくなったら、立つとこか、投げるとこをかえなくちゃ。

「その変え方がわからないんですよ。」

多くの方が、レーンのコンディションが変わり、

ちゃんと投げてもポケットに行かなくなっても

脇をしめたり、手首で操作して

何とかしようとされます。

コンディションが変わったら、腕だけで何とかしようとしても

何ともなりませんよ。と伝えます。

でも、みなさん、ついつい変えることを忘れてしまうようです。

変える「勇気」がないと。

勇気と思いっきりは必要ですよ。

ボールの動き方を観察し、変える勇気を持ちましょうsign03

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394740/21430247

女性ボウラーの苦手なことを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真