« 親善大会100回記念 | メイン | ジャパンオープン »

2009年10月30日 (金)

ドリルとインストラクション

宮崎でドリルの講習会を開きますが、

ドリルってそんなに重要なのですか?という

質問を頂きましたので、少し・・・・。

ボールの素材とコアの形は日々進化しています。

回転軸をどのくらい角度をつけさせるかで、

ボールの方向は違ってきます。

その為には

ボウラーそれぞれの投げ方を良く見て

ボールのレイアウトを考える必要性が出ています。

私の経験で言うと同じボールでも

男子プロと女子プロでもボールの動きが違います。

Aさんが曲がる。と言っても

Bさんはこのボールは曲がらない。と言うこともあります。

イメージの違いもありますが、

投げる人のリリースタイプでまったく違ってしまう事も多々有ります。

良いドリラーは良いインストラクターでもあります。

投球をしっかり見てくれる人。

ボウラーの話を聞いてくれる人。

この二つをしてくれる方が良いドリラーでしょう。

話やすいというのも大事な条件です。

ボウラーも遠慮せずにどんどん自分の事を

話しましょう。

ドリラーとインストラクター両方出来るように

しておけば良かった。と思います。

ボールがフィットするとボウリングが変わります。

でも、練習せずして、上手にはなりませんので、悪しからずwink

ドリルで対応できる限界もありますから。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394740/22150801

ドリルとインストラクションを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真