« 金田恵子プロ | メイン | 満員になりました。 »

2009年10月 4日 (日)

⑩ピンを倒す方法③

前回お話した方法の他に

投球そのものを変化させる方法があります。

それはリリースを変える事です。

 そもそも10ピンが飛ばないという事は入射角度の不足ということですから

 (ポケットヒットしたのに⑩番が残る場合の事)

 その原因が レーンのオイルに乗ってしまった

         転がりが不足

         スピードの過不足

 オイルにのった為に、スピードが出、回転が不足し、角度がとれなかった。

と、言うように原因には関連があります。

そこでリリースを変える方法を取るとすると

①フットワークをよりしっかりし、ボールをしっかり手のひらに乗せ、ボールの下から

 リリースするように心掛ける。(下に入らないまでも、すこしでもリリースを深くする)

この①の方法はかなり技術を要することなの難しいです。

日頃から色々とリリースを変化させる練習をしておく必要があります。

できないなぁ。そういう方は

②アプローチをゆったり歩く事を心がけ、スィングもゆったり。

 リリースは手首を柔らかく。

これは、①で対応するもまだ、⑩番が残る方も①をしつつ、②をも心掛けて下さい。

ストライクが続いてくると、身体のリズムが良くなり、

どんどんリズムに乗り、知らず知らずタイミング、スィングが

微妙に早くなってしまう事もあります。

③色々難しいという方。身体を少し起こし、足首の横でボールを離すイメージで。

 これでも、親指が少し早く抜けるので、回転不足にちょっと対応できます。

※レーンにオイルがない為に起きる入射角度不足の場合は

ボールを換えるかラインを変えるかです。

その時のコンディションで正解は違ってきます。

自分の引き出しをたくさん持つためにも

日頃の練習で色々試してみましょう。

点数をつけないか、気にしないで、一つの事を反復して練習する。

これが出来ると効果的です。

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394740/21844899

⑩ピンを倒す方法③を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真