« ジャパンオープン② | メイン | ジャパンオープン③ »

2009年11月16日 (月)

レーンコンディションの読み方

プロボウラーの試合のスコアが高いのは

レーンのコンディションに対応能力があるからです。

より対応能力が高い方と合わせられた人がスコアを出せる。

そう考えて間違いがありませんよ。 と言う話をしたら、

どうしたら、レーンのコンディションが読めますかsign02

と言う質問を頂きました。

①第一番は日頃から、どのスパットも通せるように練習をしておくことです。

②試合の練習ボールで少なくとも3つのスパットを使って投球しておく。

③同じレーンに入った、他の方の投球をよく見る。

以上の事をした上で、次のことを観察して下さい。

どこでボールが曲がり始めたか。

ボールの回転の向きが変わりはじめた所は、レーンのどの場所か。

ここを見極めて、いい感じで動くところをポイントにして下さい。

同じ10枚(2番スパット)をボールが通過しても

どこに落ちて、どこで曲がり始めたか がポイントです。

ボールが落ちたところを案外気にしない方が多いようです。

ボールが落ちた板目は結構大事です。

1枚落ちる所が違うだけで、ボールの動き方が大きく変わることは

多々あります。

スパットの通過だけを気にしてはだめです。

まず、ここを考えてみてください。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394740/22326213

レーンコンディションの読み方を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真