« 2009年11月 | メイン | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

お世話になりました。

あと少しで、2009年も終わろうとしています。

今日一日、家族全員でおせち料理つくり。

もっとも、私の担当は用具を洗ったり、揃えたりです。

みんなが作業しやすいように・・・・

1_2

さて、今年も大勢の方に

直接・間接に大変お世話になりました。

本当にありがとうございます。

このブログを見て頂くのも、

大きなお力を頂いています。

本日、福岡は雪。

寒いです。

皆様もどうぞご自愛下さい。

良い年を迎えられる事を祈っています。

来年もどうぞ宜しくお付き合いの程

お願いを申し上げます。

山本由美子

2009年12月25日 (金)

ボウリングの為の身体つくり

ボウリングの為のトレーニング

何をしたらいいのか?というご質問がありました。

必要なものは

①脚力

②腹筋・背筋

③握力

④柔軟性

です。

「走る」のは一番いい、トレーニング方法だと思います。

走りながらsports

腹筋と背筋を意識するといいと聞きました。

姿勢をきちんとするのが大事ですね。

柔軟性に関しては

足首を右回り・左回りと両方向に20回ずつ廻すと

30分くらいのストレッチと同じ効果があるそうです。

スクワットは1回の動作をゆっくり行うと

より負荷がかかって効果があるそうです。

特に時間をかけなくてもスクワットや足首回しは

どこでも出来るので・・・

私の場合は

ボウリングで投球を待っているときに

スクワットをしたり、足首を廻したりしています。

前の筋肉を使ったら、後の筋肉も使う。

これを基本にトレーニングをしています。

道路を走るのには、半月盤損傷をしたことがあるので、

膝に不安があります。

ですから水泳をしています。

もっとも、ジムではランニングマシンにはのっていますが。

間隔があくこともありますが、

しないよりいいかなと

気楽にしています。

2009年12月22日 (火)

ボールを真っ直ぐ投げたい

Tthkxjwq
ボールをまっすぐ投げるにはどうしたら良いですかsign02

と言う質問を頂きました。

「まっすぐ投げる」というのは、ストレートボールと言うことではなく、

思うところにボールをコントロールしたいsign03

という事だと思いますので、その意味でお答えします。

ボウリングは真っ直ぐ。と言うのはキーワードです。

①アプローチを真っ直ぐ歩く⇒板目に沿う

②腕はまっすぐ後ろに引き、真っ直ぐ前に振る

③肩を水平に保つ。

という具合です。

あくまで、基本姿勢です。

しっかりでき、アレンジした方がうまく行くのであれば、変えれば良いのです。

できないのであれば、基本に基づいて考える。

それだけです。

あれこれ、考えすぎると、体が動かなくなります。

注釈として付け加えると、

①について、体重移動はメリハリを付けて。右足、左足、しっかり体重をのせる。

②と③は肩を後ろに引かない。ボールが背中に入らない。

 腰を回さない。肩から先に動かさない。

以上の注意点を付け加えて行います。

シンプルに

  • ボールの重さを利用して、落下スピードだけで。
  • 背中に入らないように後ろへ振り、
  • ボールの落下に任せるように下へ下ろし、
  • 前へ振る。

シンプルに行って下さい。

先日のブログ「力を抜く」を参照してリラックスして下さい。

では、あなたのボールが真っ直ぐ行くことを祈っています。

2009年12月21日 (月)

力を抜く

いろんなスポーツシーンで

よく「力が入ったsign02」と言うことがあります。

失敗した時に使う言葉ですね。

私も、力を抜いて・・・・とよく言います。

しかし、上級者ならともかく、

初心者にとって、これほど難しい事はないbearingですよね。

どうすれば、力が抜けるのかわかりませんよね。

では、どうしたら、いいのでしょうかsign02

まず、①ボールを構えた時(アドレス)に大きく、ゆっくり息を吐きましょう。

②全部吐ききるちょっと手前で呼吸を止める

③投球動作に入ります。

④ボールを放す(リリース)時に残った息を全部吐き出す。

この呼吸法をしてみて下さい。

もう一つは

①ボールを前後にブラブラ振ってから

②投球動作に入る。

この時に、他の人の邪魔にならないように

危なくないように、アプローチの下で、

周りを注意して行いましょう。

このブラブラ感を体に残して、投球する。

これも案外、簡単に力を抜く感覚がつかめます。

力が抜けるとコントロールが良くなります。

ボウラーの責任は、自分の思うところに

ボールを運ぶことですからね。happy01

2009年12月20日 (日)

トレーニング

全日本選手権は松永裕美プロの優勝で幕を閉じ、

2009年全ての試合が終了しました。

2年連続でポイントと賞金女王は 姫路麗

アベレージは 松永裕美

シードを巡っての悲喜こもごももあっている事でしょう。

私の今年は、幸運な1年でした。confident

2試合に出場し、2試合とも好成績。

全日本(72名だけ出場可能)にも出られる順位にあったし、

シニアで優勝させてもらったし。happy01

宮崎エースレーンの皆さん

プロボウラーの先輩・仲間、ドリラーの日坂さん、

JLBC九州・山口地区の活動に協力して下さる

ボウリング場、ボウラーの皆様

私にとって、誰一人として欠けてはいけない存在です。

お陰様で、ありがとうございます。

さて、私が全日本に出なかった理由なのですが、

(皆さんに「何で出なかったの?」と聞かれましたので。)

全日本はプロなら出てみたい大会です。

しかし、価値がある大会だから、

ゲーム数がハードです。

準決勝までに2日間で24ゲームかな、投げます。

1日目は良かったとしても 2日目のゲームは

トレーニング不足の私には持ちません。

ボールがコースに行っても、ピンが飛ばなくなります。

下半身の粘りというか、力がなくなるからです。

やはり、筋力の衰えは・・・・・・

でも、投げられる時間も年々少なくなって来ますから、

人生?大げさですが、後悔しないためにも

来年は、ちょっと試合に出ようかと考えています。

今から準備をしておこうかなぁと。

やはり、不足しているのは

筋持久力。これをつけなくては、

3ヶ月前から週1回の 加圧トレーニングを始めました。

下半身重点です。筋肉が疲れない気がします。

そして、縁あって コナミスポーツクラブに行きはじめました。

昨日と一昨日の2日間 筋トレやスタジオでのエアロビクスに参加。

私より、体力なさそう と見えた方が難なく身体を動かしていました。

少し頑張りすぎたので、自覚しているより足が疲れていました。

本日のボウリングはボロボロ。

情けないweep

コナミスポーツでの

カウンセリングで脂肪や筋肉・骨を測定しました。

何を隠そう、<隠れ肥満>との判定が・・・bearing

まぁ、いいか。この数字が良くなる楽しみがあるってもんですhappy02

このブログで宣言すると、止められないですね。

ファイトsign03 

2009年12月18日 (金)

ブラインドボウリング

木曜日は博多スターレーンでトリオリーグ

3人でチームを組み、相手チームと勝敗を競い

ポイントを取り合います。

私は、母(77歳) Tさん(70歳代の男性)と組んで

下位の位置をしっかりキープしています。

チーム名は「弥次喜多道中」

のんびりボウリングを楽しみましょう!というチームです。

3週が終了した所ですが、天変地異が起きたのか、

只今首位です。

しかし、本日4週目にちゃんと定位置に向って

移動を始めました。皆様、ご安心を。

さて、我々がプレーしている同じフロアで

毎週目がご不自由な方々がボウリングをしていらっしゃいます。

目の状態によってクラスがあるようで、

全国大会や、世界大会も開催されています。

宮崎にも全盲の方がいらっして、世界大会で入賞もされています。

ポールと言うのでしょうか、

バーをつかんでアプローチをしていらっしゃいます。

全盲の方は、アイマスクをしてボウリングをします。

器用にまっすぐ歩かれるので、驚きです。

たまにレッスンをするのですが、何をするかと言えば、

ボールの軌道や

残りピンの状況を伝えたり、

腕を振った角度や方向

身体、足の向きを伝えます。

海外にも出かけて試合に参加されていらっしゃいますが、

やはり、費用の面が大変なようです。

世界大会の前は募金活動をする事もあります。

皆様の近くでそのような機会がありましたら、

協力をお願い致します。

2009年12月14日 (月)

ボウリングの先生

昨日まで、東京品川でのプリンスカップに出かけていました。

選手ではなく、記録室に缶詰でした。

だから、受付や集計時に表に出る以外は、

ずっと籠っていました。

その中で、ふっと思い出したことがあり、

ウェンディ・マックファーソンさんに

次の質問をぶつけてみました。

「スージー・リッチレイさんを知っていますか?」

W「スージー?」

私「もしかしたら、読み方は スージー・ライクラリー?」

W「ライクラリーでしょ。だったら、よく知っています。テキサスに住んでいますよ。」

私「そう、テキサスでした。彼女は私の最初のボウリングの先生です。」

W「それはいいですね。彼女はとてもいい。日本語がぺらぺらです。」

私「スージーは35年以上前に2年ほど横浜にいたんですよ。」

W「だから、日本語ができるのね。」

私「元気していますか?」

W「乳癌を患ったけど、今は問題ない。」

あなたの事を伝えるから。と言ってもらって別れました。

ウェンディさんはずっと日本に来てたのに、何で今まで気がつかなかったのだろう。

スージーさんからボウリングの技術・心構えなど

たくさん教えて貰いました。

いつか、お会いし、お礼を言いたいと思います。

振り返ると、横浜のそのボウリング場には

アメリカの基地にいた方がいらっして、

考え方が他とは違っていたような気がします。

研修生は他にもたくさんいたのですが、

何故か、私がスージーさんの担当になり

トーナメントやレッスンに同行させてもらっていました。

そのすべてが私の知識に加えられて来ているのに

感謝知らずで、忘れていました。

本当に会いたいなぁ!!

2009年12月 8日 (火)

プリンスカップ

明日、12月9日東京・品川プリンスホテルに向かいます。

10日からはじまるプリンスカップのお手伝いです。

毎年、記録を担当しています。

今年から、アマチュアの表彰方法と本大会の

ベスト4より、対戦方法が変更となります。

昨年はプリンスカップで勢いにのった

姫路 麗プロが全日本も制し

一気に女王の座に座りました。

さて、今年は・・・・・・

楽しみです。

会場で私を見かけたら、声をかけて下さい。

2009年12月 7日 (月)

日坂さんのドリル

お陰様で2日間のドリルは22名

新しいボールが22個 売れました。

凄いことです。

今回は私のボウリング教室参加の方が中心でしたので、

ほとんどが女性の方。

ボールの回転がガラッと変わった方もいらっしゃいました。

日坂さん曰く「70%は成功かな」

ご謙遜です。

実際は皆さん、気に入って下さいました。

早くも、来年の予約をしたいという方までいらっしゃいました。

ドリラーの講習会も熱心な方が12名。

新しいドリル理論、今回初のご披露もありました。

私も受講しました。

多分一番わかってなかったと思いますが、

何回も聞くと、少し話が見えてきます。

練習と同じで反復が大事ですね。

聞いてもできない。

知ってても人に説明できないじゃ、ダメですものね。

でも、まだ、うまく説明できないかも・・・・・。

宮崎エースレーンの二人のドリラーも

「曇りが晴れた。よくわかった。」

少しづつ良いドリラーに成長してくれることを願っています。

熱心に聴いていたし、実地もかなりしたし、

復習もしていたので、

皆さん、期待して下さい。

第100回JLBC九州・山口親善ボウリング大会

サボっててすみません。

その間に二つの大きなイベントを行いました。

一つはJLBCの100回記念。

二つ目は日坂氏のドリル&ドリル講座。

今日は100回記念のお話。
Jlbc75_3

11月27日(金)

会場は博多スターレーン

参加120名。

はじめに6階フロアと8階フロアに分かれて

4ゲーム投球。

どちらのフロアも七隈ファミリーレーンの方が優勝されました。

ゲストの部は小郡スーパーボウルの方と折尾スターレーンの方

しかし、何と言っても盛り上がったのは

全員で行った「ワンショット勝ち抜きトーナメント」

1投勝負です。とにかくピンを多く倒した方の勝ち。

全員で抽選を行い対戦を決めました。

優勝したのは七隈ファミリーボウルのOさん。

準優勝はフラワーボウルの方。

この方は4ゲームの試合は全くダメでしたが、

プロや強豪相手にあれよあれよと勝ちあがって行きました。

誰にでもチャンスがある という事を証明して下さいました。

最後にお楽しみの抽選会。

ハイ・スポーツ社様、ABS様、レジェンドスター様に

ご協賛頂いた ボールの大抽選。

4人に当たったのですが、その中のお二人は

何と11月1日の佐賀・武雄でボールを ゲットした七隈のお二人。

Kさんは「こんな事もあるんだわねぇ」

Aさん「不思議」

11月は七隈ファミリーボウルマンス でした。

次に幸運のチャンスが訪問するのは多分、あなただと思います。

最近の写真

  • 129l
  • 129g
  • Pro
  • Jyosi
  • Guest