« 大会記録室 | メイン | 大会記録室② »

2010年4月20日 (火)

レーンコンディション

宮崎プロアマオープントーナメントが無事sign02

終了しました。

ご参加頂いた皆々様、

ご協力下さいました方々

ありがとうございました。

成績は社団法人日本プロボウリング協会の

ホームページでご覧下さい。

ご覧頂くと解るのですが、

テレビ決勝のレーンが大変難しくなってしまいました。

朝、オイルをひくのですが

朝から準決勝ラウンドロビン(19-20L)を撮るため

ライトが点きっぱなし。

どんどんオイルが無くなって来ている。という

情報が入って来ました。

19-20だけ別のボウリング場みたい。と。

決勝トーナメントが始まるまえに

使っている人と、使わない人の不公平を

なくす為に、レーンメンテを

3~20レーンまですることになっていました。

ずっとライトに照らされている。という事を

考えて、テレビ決勝使用レーンの

21-22レーンをどうしようかと考えました。

新たにオイルのひき直しを決断。

決勝トーナメントの1回戦。

19-20Lで良いスコアが出ました。

2回戦。

一転してボールの動きが、怪しくなりました。

嫌な予感。

そしてテレビ。

ポケットに行っても⑩番が飛ばない。

ボールが右に伸びる。

左に急に動くところがある。

手前でボールが出て行くところが行かない。

とても、難しくなってしまいました。

本当にボウリングって怖い。と感じました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394740/23935892

レーンコンディションを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真