« 今、宮崎では | メイン | 下関ロイヤルボウルのイベント »

2010年5月22日 (土)

⑥2度目のプロテスト

今、振り返れば、とても恵まれた環境に

いさせて頂いたのに、

与えられると、当たり前になり、

不平不満をよくも言ったものだと恥ずかしくなります。

wink

昭和47年のオイルショックにより

ボウリング場に急にお客様が来なくなりました。

そうすると、企業は当然のことながら

経費の引き締めにかかります。

まず、30人ほどが働いていたレストランが閉まり、

私たちの寮は家賃が必要となりました。

bleah

ちょうど妹が東京に出てくるということになったので、

どうせなら、と、自由が丘にマンションを借り

寮を出ました。

dashdashdashbuilding

自由が丘の駅から2分。

休日には毎日、街を散策し、良い気分に

浸っていました。

cafe

ニットーボウルの勤務時間も、

他の社員の方々と同じになりました。

練習は原則勤務時間外。

それも6ゲームまで。

pout

ところが、

会社の事情も考えず、

不満を訴え、本社に10人ほどで

入社時の約束と違う。と直談判に行ってしまいました。

勤務時間中、1時間までのトレーニングは

許され、練習ゲームの制限もなくなりました。

一番年下だったせいか、

皆に引きずられて行ったように

受け取られていましたが、

言う事は、相手の気持ちを考えずに

ずけずけ言うタイプでしたから・・・・・。

生意気な嫌な子です。

bearing

この騒動で半分くらいの方が辞め、

少し寂しくなりました。

私も少し挫けそうになりましたが、

大学を棒に振っているのですから、

どうにか、プロのライセンスは取りたい。

その思いでいっぱいでした。

そうそう、私たち研修生の事は

「チャーミィ」 ニットーチャーミィと

名付けられていて、

嫌でしょうがなかったです。

wobbly

1回目のテストは会社命令。

2回目のテストはしぶしぶと。かな。

費用は全て会社に出してもらっています。

6期生のテスト(昭和49年 1974年)は

晴海ボウリングセンターの記憶だけあります。

新聞記者の方に

インタビューして頂きました。

何て言ったのか忘れましたが、

横で聞いていた父から

「随分小難しいことをいうんだなぁ」と

言われたのを覚えています。

すぐ構えてしまう癖があるのです。

福岡から、父が仕事。と言いながら、

4日ともついて来ていたなぁ。と今思い出しました。

2回目のテストは、もしかしたら

受かるかなぁ。くらいになっていましたが、

少し進歩して1次の4日間で終了しました。

happy01

このテストの後、研修生制度が

無くなる事になり、(社員として残ることは可)

会社を退職し、

福岡へ帰ることにしました。

昭和49年の2月末のことです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394740/24205418

⑥2度目のプロテストを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真