« 残りピンが教えるレーンコンディション① | メイン | 2010年下半期順位決定戦 »

2010年6月 2日 (水)

残りピンでわかるレーンコンディション②

厚いですよ。の合図は

④-⑨

⑥-⑩

③-⑥-⑩などがあります。

そのまま投げ続けていると

④-⑦-⑩  

④-⑥-⑩

ひどい時には

④-⑥に加えて⑦-⑩もくっついてくる

ビッグ4になったり、ビッグ5になったりします。

そう、なったら、がっかりですね。

では、どう対応したらいいか、と言いますと、

ほとんどの方は

ボールをしっかり出せなくなっている事が多いようです。

そんな時にちょこちょこしていては

あまり代わり映えがしません。

思い切って5枚くらいスパットを変えて

1番ピンに薄く当たるくらい

外してもいい。くらいに考えて投げて下さい。

その結果で、今度は外へ少しずつ調整します。

思い切る。ことが大事です。

②-④-⑤が残るくらいが理想です。

②-④-⑤は

「合っていますよ。でもちょっとだけ薄い。」

と教えてくれる残りピンです。

ポイント

投げる方向が変わると

投げ方が変わる人がいます。

自分の投げ方を見失わないでsign03

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394740/24315419

残りピンでわかるレーンコンディション②を参照しているブログ:

コメント

勉強になります。
残りピンでだいぶ状態がわかるようにはなってきています。
ただ、自分の投げ方が一定しないときもあり、
レーンが変わったのか、自分の投げ方がおかしいのかわからなくなるときがあり、ドツボにはまることが度々あります。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真