« まっすぐ歩く | メイン | 一番大事な事 »

2010年7月26日 (月)

まっすぐ歩く②

ボウリングの投球術に間違いは無いsign02

私はそう思っています。

どのような投げ方でもいい。

そう考えます。

教える時に問題なのは

その人の目的に合っているか、どうかです。

ほとんどの方には、

真っ直ぐ歩く。

真っ直ぐ腕を振る。

そう、教えています。

ただ、強いボウラーになりたい。と言う方には

違う方法をとったほうがいいと思います。

例えば、プロボウラーになりたいsign03

そのなりたいという思いは

世界一になりたい。

日本一になりたい。

トッププロになりたい。

トーナメントで一回は優勝したい。

賞金を獲ってみたい。

ボウリングを人に教えたい。

ライセンスをとりたい。

仕事に生きるので獲っておきたい。

このようにプロボウラーになる。一つをとっても

目的・思いが異なっていると思います。

そのレベル、レベルで

取り組み方や

必要な技術が違ってきます。

アマチュアでいるにしても

海外で活躍したいのか、

仲間内で一番になりたいのか、

健康で投げられればいいのか、

やはり違うわけです。

子供の頃から

まず、競技者になる事を前提にスタートさせると

左に歩いて右に投げる方法を教える事になります。

スピードがあって大きく曲がる。

パワーを持ったまま、曲がる。

今のボウリングはストライクをいくつ続けられるかが勝負。

強いボールが必要なわけです。

このボールを投げるには

左に歩いて右に投げる投球術を身につける事が大事な要素になってきます。

この歩き方は強いボールを投げる術なのです。

だから、本来なら

この投げ方を指導することが

将来、世界に負けないアスリートを作る一歩では?と考えるからです。

特にジュニアにはこの投球方法を指導しなければ

いけないのでは、と考えます。

残念な事に私があまり得意ではない。

まだ、どのように教えたらいいのか

はっきり掴んでいません。

だから、ジレンマに陥っています。

まっすぐ歩くこと。

それが良い事に、 間違いはありません。

コントロールに磨きをかければ対応できます。

アベレージ200は届きます。210はいくかなぁ。

問題はその先ですね。

何はともあれ、たくさんの人やDVDを見て

研究したいと思います。

頑張らねば。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394740/24757967

まっすぐ歩く②を参照しているブログ:

» ボウリング・ナビ (ボウリング・ナビ)
ボウリングの基礎知識をはじめとしたボウリングに関する情報、新着ブログ情報 [続きを読む]

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真