« フォロースルー | メイン | 引越し »

2010年7月14日 (水)

雑感

本日、プロボウリング協会の理事会の為、

東京に日帰りで行ってまいりました。airplane

報告していませんでしたが

プロ協会の理事になっています。

中山会長の足を引っ張らないように

女子プロボウラーの小間使いでいたいと思っています。

千葉オープンと東大和カップ

2週続けて

どちらもウェンディさんが優勝しました。

日本の女子プロとの力の差を

まざまざと見せつけられたようです。wobbly

年間数本しか出ないのに

しっかり、確実に勝って帰ります。

まるで、ウェンディさんへのチャレンジマッチをしているようです。

ウェンディさんがいい方なので

困っちゃいます。

日本の現状では

アメリカのみならず韓国の選手が来ても

太刀打ちできないのではないでしょうか。

いつから、世界に置いていかれたのでしょうか。

少しずつ少しずつ

気がついたらはるか遠くに離されてしまったのですね。

PBAのプレイヤーを見ていると

コーチがついてアドバイスを送っています。

ボールチェンジ

アングルチェンジ

お互いに信頼して

素早い。

一人で考えていたのでは、

限界があるのでは?????

女子も年間215のアベレージではなく、

225くらいのアベレージを目指すannoy

そんなレベルにならないと。

PBAのように

難しいレーンコンディションで投げられるように

練習しないと。

ストライクが簡単にでるレーンが

いいレーンという認識から改めないと。

世界から遅れをとってしまいます。

私を含めていっぱしの事を言うけれど

結構、自分の考えに頑固で、対応性が無い。

幅広いアングルをとれる技術が無い。

的確にアドバイスできるレベルの高いコーチがいない。

一人が頑張るのではなく

皆で、必死にならないと。

みんなで知恵を出し合わないといけないと考えます。

狭い考えではあるけれど、

日本人が勝たないと

日本のボウリングファンはついて来ないし

スポンサーだって嫌になってしまいます。

がんばろうsign01日本のプロボウラーsign03

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394740/24681233

雑感を参照しているブログ:

コメント


山本プロのような考えを持ったプロボウラーがいる事。

そしてそのプロが協会理事でいらっしゃる事。


まだまだ日本のボウリング界も捨てたものではありませんね。


ほんの一握りではありますが、プロボウラーやアマチュアのトップ選手の中にも、山本プロと同じ考えの選手もいるようですので、これからのボウリング界に期待しています。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真