« 2010年9月 | メイン | 2010年11月 »

2010年10月27日 (水)

日坂さん、今年も来宮

ドリラーの日坂義人さんが

今年も宮崎に来てくださいます。

11月25日・26日の2日間です。

今、私のボウリング教室で

とても感じよく投げている方がいらっしゃいます。

200アップは結構当たり前。

昨日は3ゲームで708点も打ちました。

その方(女性)は昨年、日坂さんにドリルをお願いし、

そのボールが合っていたのでしょう。

その頃から上昇気流に乗りました。

今年も、作る。と楽しみにしていらっしゃいます。

昨年は肘を痛めていたので、

フィンガーに負担をかけない様に、

メカテクターをしていませんでした。

メカテクターを付けたいと言うので

それに合わせてメジャーをすると良いと言いましたら、

「メカテクターが本当に良いのか不安。

高いボールでいきなりあけて、メカが合わないと嫌だから

安いボールで試した。」と1万円以下のボールで

試しあけをしました。

そのボールでストライクがバンバン出ています。

「これで良いsign02」何て言い出すのではないかと

思っていましたら、

メカテクターが合ってる。今度作るボールが楽しみsign03

そう言っています。

エースレーンのコンディションと彼女の球質が

合っているのもあるでしょうが、

ボールじゃないなぁ。と思ってしまいます。

もっとも、彼女の投げ方は

腰がピタッと止まってぶれません。

投げ方が安定するというのは

スコアメイクの絶対条件ですね。

ところで、本日からインストラクターの講習会を

博多スターレーンで行ないます。

これから、ボウリングの普及に頑張ろうとしている

若い方々といっしょに勉強します。

2010年10月26日 (火)

コアなファン

先日のラウンドワンカップで、色紙にサインを

求められました。

不思議な事に参加する大会で

一人はこのように

サインを。と言う方がいらっしゃいます。

また、このブログを見てくださる方からも

声をかけて頂きます。

本当にありがたく、うれしいものです。

しかし、大会に出られる全国の多くの方は

ほとんど私のことをしりません。

それだから、おもしろい場面に遭遇することがあります。

たまたまですが、

難波から空港に向かうリムジンバスでのこと。

後ろの席の方がお二人

どうやら、ボウリングをするらしい。

それも私と同じラウンドワンカップに出場していたようです。

同じボックスに入ったプロボウラーの事を

話題にしていました。

Aさん・・明るくて、感じが良かった。

Bさん・・どこを投げたらいいか、解らなくなったら、

     3番ピンをスペアするところで投げて、

     そこから調整したら良い。と教えてくれた。

Cさん・・全く知らん顔だった。

Dさん・・ボウルラックには1個しか置かないで下さい。と

     いきなり言われて怖かった。

Eさん・・後ろのファンばかりに良い顔してた。

などなど。批評していらっしゃいました。

でも、お二人が

「仕方ないよね。こっちは遊びだけど、向こうはお金かかっているものね」

「たいへんよねぇ」

「最終ゲームになったらプロはうちあげるよね。アマはこけるのに。」

「やっぱり違うよねぇ。」

そのように言って下さったので、ホッとしました。

自分自身を振り返って

最終ゲームは予選通過できるかどうかの瀬戸際だったので、

もしかしたら、失礼な態度をとったかもしれない。と

反省しています。

ご一緒した皆様、失礼しました。

2010年10月25日 (月)

200アップ

ボウリングでの200点越えは、

ある意味上達のバロメーターですね。

ビギナーは200アップしてみたい。

上級ボウラーは200アップの回数を多くしたい。

プロボウラーは最低200は越えたい。

では、200点を越えるにはどうしたらいいのか

最低条件はストライクを2回連続続け、

残りのフレームはカウント(1投目に倒れたピンの数)をよくすることです。

できたら、9本で纏めたいですね。

ストライクは

完璧な投球をしても、必ずストライクになると

約束できません。

どういう訳か、1本残る事はよくある話です。

ですから、確実にスペアを取っていくことの方が

確かなことです。

① ヘッドピンに当てる。

② カウントをよくする。

③ スペアミスをしない。

この三つを守って

ストライクのダブルが来たら

200に近づけます。

右利きの10番ピン

左利きの7番ピン

上手になればなるほど

このピンは残ります。

このピンしか残らないくらいです。

苦手なんていっていたら、点数は伸びません。

スペア率が上がれば

安心して1投目も投げられるというものです。

さぁ200アップしたかったら、

スペア練習を頑張りましょう。

練習で身体が感覚を覚えるしか

方法はありません。

練習sign02 練習sign03

2010年10月23日 (土)

ラウンドワンカップ

ラウンドワンカップ
プロアマトーナメントのラウンドワンカップに
参加するために、10年以上ぶりに大阪に行って来ました。
大阪は堺市
ここは初めての町です。
大会はプロアマ合わせ、240名ほどの参加です。
予選はA、Bの二つに別れ、
1日6ゲーム。
2日間12ゲームで行われました。
私は1日目は遅いレーンコンディションから始まるBシフト
やはり遅く、15枚目から。
遅い筈なのに、光ったボールは
反応し過ぎ、かえって早くボールが起き、
曲がりが大きすぎる。
くすんだボールの方が
スッーと行き、うまくポケットに行ってくれました。レジェンドスターのボールでしたら
ミッション
オンリーワン
アンギュラーワンを使っている人がよく打っていました。
ボールとアングルが本当に勝負です。
私はこのところのパターンになってしまった、
最終ゲームに・・・。
プラス48の2448点でした。
しょうがないです。
まだ、テレビ決勝が残っていますが、
松永裕美さんが別次元のスコアを
連発していました。

2010年10月19日 (火)

嫌いなレーンで練習

ボウリング教室の時に

みなさんが練習するレーンをフロントで指定すると

「そのレーンは苦手だから、他が空いていたら・・・」と

言われる方が多くいらっしゃいます。

確かに練習でも点数が出た方がたのしいですね。

だけど、試合となると、そんな事は言っていられません。

苦手レーンのコンデションを克服し

少しでも点数がでるように処方箋を持っていた方が

どれだけ安心して投げられるか、わかりません。

ですから、むしろ

レーンのコンディションが難しいところで

練習しておくべきです。

壁が隣にあると投げられない。

 → 日頃からそこで投げて、慣れておきましょう。

自分の好きなコンディションで投げるのは

大会1週間前で十分です。

1,2週間前になったら、ストライクを出す練習に入ります。

それまでは苦しみましょう。

私の教室では

10番ピンが嫌い。と言ったら

しばらく、10番ピンのスペア練習を続けてもらいます。

苦手を少しでもなくせば、

1投目も安心して投げられます。

結果、アベレージが上がる。

そんなものです。

コツコツと頑張りましょうsign03

今日はソフトバンクホークスが負けて

残念です。

打てなかったら、仕方ないですが。

2010年10月15日 (金)

ヤフードーム

ヤフードーム
応援しているのは、
ソフトバンクホークスです。
7回に上がる風船は赤色。

9回、ロッテの最後の攻撃

和田投手が出てくると

誰からともなく拍手が沸き起こりました。

3人で押さえ、3-1でソフトバンクが勝ちました。

クライマックスシリーズ

クライマックスシリーズ
YAHOOドームに来ています。
いきなり、ロッテにホームランを打たれましたが、
逆転し、本日の入場者がもらえるビクトリーフラッグを
みんなが振っています。
和田投手も立直り、
今日は勝ちます。

2010年10月13日 (水)

⑦福岡に帰って

福岡に帰ると、

近所の方から、産休補助教員をしないか?と

声がかかりました。

何をするのかというと市立の幼稚園の先生が

出産で休む3ヶ月の間

幼稚園の先生の手伝いをする事でした。

面白そうなので、軽~く引き受けてしまいました。

3月から年中さんのクラスをお世話する事に。

ピアノを弾き歌を歌う(ひどいピアノです)wobbly

園庭でいっしょに遊ぶ(自分が楽しみました)shine

登園と下園に付き添いいっしょに歩く。

この頃子どもたちに大流行だったのは

西城秀樹の「止めろといわれても・・・・」note

帰り道でも歌いながら踊りながらなので、

時間がかかってしようがありませんでした。

4月は小学校の入学式に来賓で出席。

小学校と幼稚園は隣同士に建っています。

幼稚園の先生は全部で5人。

年中さんと年小さんの面倒をみなくてはいけないので

役立たずの私と園長先生が出席した。と言うわけです。

しかし、幼稚園から入学する子どもにとって

あの先生だれ?ってなものです。

子どもたちには悪かったですが

面白い経験をさせて頂きました。

その頃の子って、今いくつかなぁ?

何っ。40過ぎてる・・・・。

年取るはずですねぇbearing

2010年10月12日 (火)

バックアップボール②

そもそも、バックアップボールって何ですか?

そうですよね。

知らない方も多いですよね。

ボールは右利きなら、自然にボールを離すと

レーンの上をボールが転がっていく様は

半分より左側が斜めに

そして下から上に線を引くように転がって行くように

見えます。

ピンの近くに行くとその回転が速く小さくなり

ピンに向かって右から左へ移動します(曲がる)

バックアップは

反対に向いて回転し

ピン近くでは右方向に曲がってしまいます。

スピンがかかったように動きます。

わかりましたでしょうか?

ピンにくい込んでいくか

逃げていくか。という違いがあります。

また、何でも聞いてください。

質問をお待ちしています。

2010年10月 5日 (火)

バックアップボール

実は、私もバックアップボールでした。

別に直さなくても。と思っていたのですが

やはり、ピンが倒れないので

直しました。

<アベ180までならバックアップでも可能です。

その上を行きたいなら、直したほうが絶対良いです。>

私の場合は、ボールの握りを意識し(ドリルを変えた)

腕を振る方向、肘の向きを考えて

直しました。

直すにはたくさんの方法があります。

その場ですぐ直る事はあまりありません。

ひたすら気をつけて練習を繰り返す事が必要です。

最近の例を二つ

①小学生(女子)

 非力・なかなか自分の身体へ指令を出せない。

 小指・薬指にクッと力が入り、掌が上を向いてしまう

 →→→→最初バックスィングの頂点から振り下ろす時に

       手首が動かないようにさせたが、失敗。

       次にプッシュダウンの時から形を作らせて

       そのまま、真っ直ぐに後ろへ引き、真っ直ぐ前へと指導。

       これが上手く行きました。

       アドレスの形は歩く時に腕を振る。そのまま上に持って来て

       構えるようにしました。

       

②60代の女性

 タイミングは良いけれど、投げる瞬間に手首に力が入り、起こしてしまう。

 脇が開かないようにと、肘を身体につけるあまり

 肘が外を向いてしまう。それで、小指の方に力が入り、

 親指より先に小指が前に出てしまう。

→→→→肘の中心に力を入れてスィングする。

※二人とも、次の週にいらっしゃった時には、完全にフックボールになっていました。

 小学生は週に1回しか投げていません。女性は2回練習に来たそうです。

フックボールになると、嬉しいものです。

あなたも レッツ トライsign03

      

       

最近の写真

  • 129l
  • 129g
  • Pro
  • Jyosi
  • Guest