« 2010年10月 | メイン | 2010年12月 »

2010年11月29日 (月)

ボウリングボールのドリル

日坂さんのドリル&レッスンが終了しました。

2日間で21名の方がボールのドリルをされました。

どういう風にしたのかと言いますと

①まず投球をしてもらう

②マスバイアスを計る

③採寸(指のサイズやスパンを測る)

④ボールのレイアウトを希望を伺いながら決める

⑤ドリル

⑥投球して頂き、微調整。

⑤のドリルはエースレーンの二人のドリラーが担当

彼らにとっても為になり、

エースレーンの為にもなる一石二鳥。

昨年から行なっていますが、

何より、二人が成長しているのが良いです。

皆さんも、新しいボウリングに出会えたようです。

2010年11月25日 (木)

ボウリング教室で教える事

元気にボウリングしていますかsign02

プロボウラーはトーナメントで活躍する他に

ボウリングを教える仕事があります。

インストラクションは幅広い意味をもっています。

大きく言えば

ボウリングを好きになってくれる人を

増やす事です。

ボウリングとは、どんなもので

どんなに楽しいか。

どんなに役に立つかを学び、人に伝えます。

楽しさを教える仕事をするインストラクターには

やはり、勉強して、身につけなくてはいけません。

インストラクターを養成する講習会では

ベースになる事

本当に投げ方の基本になる事を教えます。

初めての方への教え方は、全国一律で同じ方法をとる様に

しています。

そんなんじゃ、画一で、強いボウラーは育たない。

と言う人がいますが

教室では同じこと、(つまりどんな建物も基礎工事は同じようです。)

基礎工事をちゃんとし、

そこから、100人100通りの道を

教えていく事が大事です。

100人いれば100種類の教え方が必要です。

これが正しいsign03ってものは

ないと思ってください。

同じなのは、体重移動をしっかりする事。

これくらいでしょうか・・・・

iwaさんへ

宮崎のN君はいい子だから、これからも付き合って上げて下さいね。

と、iwaさんに伝えるように本人が言っています。happy02

忙しいのがうれしい!

来年のイベント準備を色々としています。

 1月・・・宮崎口蹄疫復活イベント

      「がんばろう宮崎ボウリングフェスティバル」 1月10日

 2月・・・第2回佐賀レディースオープン 2月26日

 3月・・・第105回JLBC九州・山口親善ボウリング大会

 4月・・・2011宮崎プロアマオープントーナメント 

 5月・・・第106回JLBC九州・山口親善ボウリング大会

 6月・・・ボウリング日本伝来150周年

      「長崎出島オープントーナメント」

などなどです。

企画・運営に携わっています。

書類作って、あちこち出して。

大会の内容をつめて・・・・。

1月のイベントは宮崎県内のボウリング場で

宮崎県ボウリング場協会主催で宮崎の方々の為に行ないます。

2月以降の分は女性のイベントです。

決まり次第順次発表します。

皆様の力が必要ですので

どうぞよろしくお願い致します。

2010年11月23日 (火)

W300の川添プロ

先日の第104回JLBC九州・山口親善ボウリング大会に

川添奨太プロがレディースボウラーを引率して

来て下さいました。

小さい頃から知っている「おばさん」たちに

「おめでとう!」と声をかけられていました。

小さい頃の奨太くんは なまガキ(生意気な子)な感じをうけていましたが、

(遠くで見てただけで、ちゃんと話したことは無かった)

謙虚でかわいい大人になっていました。

川添プロにとっては最初の1勝

これから、どんどん勝って

勝利の数を50個sign02くらい積み重ねて欲しいですね。

強くなると、色々な面で風当たりが強くなりますが

強すぎると、それも治まるので

自力で封じ込めて欲しいです。

ダブル300の川添プロはこれからです。

2010年11月20日 (土)

滑り台

滑り台
飯塚第一ボウル様での親善大会
81名の参加者で無事に終了しました。
いつもながら、和気藹々と良い感じでした。
そんな会場の片隅に
小さい子供達用の滑り台がありました。
また、違うデザインでしたので・・

2010年11月18日 (木)

第104回JLBC九州・山口親善大会

11月19日(金)に

飯塚第一ボウルで104回目の親善大会を行います。

10:30 集合

11:00 スタートです。

6ゲーム4,500円(JLBC会員3,800円)

色々な方のご協力で26年続いています。

「次は何時、どこですか?」という声に

引っ張られています。

お顔を拝見し、他愛も無い会話を交わす。

そんな事に幸せを感じます。

※コメントを下さる方々、ありがとうございます。

 飛行機のこと、調べて下さり、うれしいです。

 自分の記憶も合っていたのもまた、嬉しいsign03 

 生まれて初めて乗った飛行機。

 頭を下げて移動し、座るときはまたいで行って

 座ったような・・・・。

 

2010年11月17日 (水)

投げる人の球質によって考え方は違う

私が投球する際、

板半枚違える。

身体の向きを微妙に変える。など

細かいチェックをします。

ファールラインで何枚に落とし

スパットのところで何枚

通過する角度

フッキングポイントは何枚目の先。というふうにです。

男子プロから、そんなに細かく考えなくても

いいんじゃない?とよく言われていました。

しかし、考えてみてください。

スピード・回転が劣り

よわっちいボールしか投げられないのですから、

細かい投球術は必要なのです。

強いボールの持ち主はゾーンで考えられても

弱いボールは点と線が大事で

繊細なコントロールが必要です。

だから、アマチュアの方々、特に女性ボウラーには

コントロールを磨き

スペアミスをしない心と技術を持ってsign03

と、強く言いたいです。

2010年11月16日 (火)

飛行機で移動

飛行機
福岡から宮崎へ移動の飛行機が
代わりました。
タラップが7段
座席は3席並び、12列。
可愛らしかったです。

小さい飛行機と言えば、
初めて乗った飛行機は
40年以上前に
広島から大分行きで
ヘロンという名前だったかな? 8席ほどの飛行機でした。
緊張と音のうるささで
1週間寝込んだ記憶があります。

2010年11月11日 (木)

安武民祐プロ

昨日11月10日午前1時35分

男子プロボウラーの大先輩安武民祐プロが亡くなられました。

ジャパンオープンの時に時間の問題になっていると

伺い、心配しておりました。

安武プロとは結構縁があり、

横浜にいる時から、仕事でお会いすることがありました。

{三多摩地区のお世話をしていらっしゃいました}

私が福岡に戻ると、先に戻られていて、

仕事を紹介して頂き、

本当にお世話になりました。

残念です。

通夜・葬儀は

ご家族がいらっしゃらないので

福岡時代からお世話?していらっしゃる

Sさんと中四国支部支部長の土井プロが

色々と力を尽くされていらっしゃいます。

11日に岡山に出かけ、お礼のご挨拶と

お別れをして来ようと思います。

先日は、神奈川でお世話になっていた

石川雅章プロが亡くなられたばかりで

どんどん寂しくなっています。

2010年11月 8日 (月)

ジャパンオープンで奇跡

11月4日~7日まで東京・池袋のハタスポーツセンターで

今年もジャパンオープンが開催されました。

男女合わせて1,000名近い参加がある、

一番大きな大会です。

残念な事にハタスポーツセンターが来年3月で閉鎖になる為、

ハタでの最後のジャパンオープンに

なりました。寂しいです。

奇跡その1 私が何と昨年に続き、29位に入賞。賞金をもらいました。

        予選の後半と準決勝はよれよれでしたが、

        何とか、プラスで終了できました。202.9AVG

奇跡その2 テレビ決勝の中でパーフェクトゲームが3個

        まず、男子の川添奨太が優勝決定戦と再優勝決定戦で2連発

        続く女子の決定戦でウェンディ・マックファーソンが300で決めました。

(上位8名による敗者復活戦方式の為、一度負けていた川添Pが勝っても、

もう一度戦う必要があった。トップ残りの佐野Pは一度も負けていなかった為)

300点はやはり難しいし、

何より、当日そこで投げた私が

レーンがそんなに易しくなかったことを知っています。

幅がなく、コースが狭かった。

タップも起こりやすかった。

条件として、テレビの同じレーンで川添Pが

3位決定戦より投げ続けた事で

自分でコースを作った状態になったのでは

そして、男子と同じラインを使える

ウェンディだから、川添Pがつくったラインを使えたのでは・・・・。

それにしても、これは奇跡です。

最近の写真

  • 129l
  • 129g
  • Pro
  • Jyosi
  • Guest