« プロボウラーから教わったこと① | メイン | プロボウラーに教わった事③ »

2011年2月 5日 (土)

プロボウラーに教わったこと②

私の話は古いことが多くて・・・happy02

ホリディ・インカップがあっていた時代のこと

場所は豊橋グリーンボウル

試合には最適な環境でした。

その頃の私の球質は

スピードはあったが、曲がりが小さいものでした。

レーンの外側(10枚より外)が遅くて

その割りに中がめちゃ、早かったと思います。

苦労していました。

坂内さん(保友)から

遅いところから遅いところに投げたらいいのに。

そう、言われました。

外が遅いから、ちょっと出していたつもりでしたが

私のボールが落ちているところが

オイルがあるところに落ちていたので

手前が行き過ぎて

曲がりがでなかった。

オイルの無いところに

しっかり出ていない。のもありました。

坂内さんが言うのは

オイルがない8、9枚に落として

5、6枚に向けたら。ということです。

右を向いて投げるのは不得手でしたが、

どうせ、だめならと思い切って

試したところ、いい感じで。

全くだめだったのが、惜しいところまで

行けた記憶があります。

今、投げているところはだめでも

1枚隣はまったく違うことがある。ということを

教えてもらいました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394740/25938129

プロボウラーに教わったこと②を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真