« いよいよ始まり | メイン | 2011宮崎プロアマオープンを終えて »

2011年4月23日 (土)

宮崎プロアマオープン3日目

大会が始まり

あっという間に、3日目。

もう、明日は終了してしまいます。

本日もドラマがありました。

レーンコンディションは

2009年のPBAチータコンディション。

28フィートのショートオイルパターンです。

オイルを引き立ての、さらのコンディションは

非常に難しく

特にアマチュアの選手には手に負えなかったようです。

難しかったのですが、

レベルが高いJPBAですから

Aシフトのラストゲームは

過激でした。

各シフト75名参加で

それぞれ16名しか準決勝に進めません。

最終ゲーム9ゲーム目

16位が1,835点 アベレージ203あまり8

25位でも1,805点

25位までの15人くらいが

最後の1ゲームで3つの椅子を争う展開です。

7,8位くらいの人も全く油断できません。

5人くらいでした。安全圏にいたのは。

多くのプロが225から250のスコアを叩き

激しく順位が変動。

ボーダーラインが一気に15点上がりました。

ラインの中、まあまあのところにつけていた

溝渕秀美プロは

204点を出したにもかかわらず

1ピン差の次点。

恐ろしいほどの最終ゲームでした。

結果は日本プロボウリング協会のホームページを

ご覧下さい。

明日の準決勝・決勝は

スカイ・Aで5月7日・14日・21日に放送されます。

再放送も何度もありますので、

是非ご覧下さい。

私の出番もあります。

お楽しみに???

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394740/26358489

宮崎プロアマオープン3日目を参照しているブログ:

コメント

大会 無事に終了 ご苦労様でした

 今日から また ジュニアの育成に
   頑張ってください

 大会関係者 女子プロの方々に良くして頂きました
山本プロの 御蔭だと感謝してます
 ありがとうございました

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真