« JLBC九州フェスティバル2011宮崎プロアマオープンの報告① | メイン | JLBC九州フェスティバル2011宮崎プロアマオープンの報告③ »

2011年5月18日 (水)

JLBC九州フェスティバル2011宮崎プロアマオープンの報告②

今日のご紹介は

女子シニアの部(60~69歳)

優勝  仁田脇 ふみ子選手(宮崎エースレーン)

     昨年の夏から急に成長しました。昨年160、今は200。

     一緒に投げると私をいじめます。

第2位 尾崎 マキ選手(宮崎エースレーン)

     本大会に出場し、2日目に

    「先生、指が痛いから、途中ブラインドするかも。」と言っていましたが、

    完投。痛みが治まらないので、病院に行ったら、

    骨にひびが入っていたそうです。

第3位 吉田 喜代子選手(宮崎エースレーン)

    国体九州ブロック予選の県代表にもなった事があります。

    練習熱心です。昨年からJLBCリーグに参加していらっしゃいます。

3人とも生徒さんなので、めちゃ、嬉しかったです。

11sil

女子最後は

マスターの部(70歳以上)

優勝  三島 幸子選手(宮崎エースレーン)

     スピードがある、強いボールを投げます。

     身体に痛いところがあると、痛み止めを飲んで

     頑張られます。

第2位 山本 美土(博多スターレーン)

     コメント・・・なし。何故なら、ははなので。

第3位 加藤 栄子(福岡・フラワーボウル)

     シニアの時から部門別優勝の常連です。

     雑餉隈をチャリで走り回っています。

11mal

次回は男子の部門を紹介致します。

     

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394740/26490820

JLBC九州フェスティバル2011宮崎プロアマオープンの報告②を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真