« 何事も同じこと。 | メイン | 答えがでないこと① »

2011年5月24日 (火)

立ちかたがわからない?

リーグ戦の時に

時々、もめるといいますか、

一人で不愉快になったり、困ったりしている場合が

あるようです。

どのタイミングでアプローチに上がって

投球動作に入ればいいのか?

慣れないと、投球にまで影響してしまいます。

所属している団体・教える人の考え方などなど

それぞれに違うことを教えられているようです。

1.1レーン空いたら投げましょう。

2.両隣のボックス(2レーン)も注意して投げましょう。

3.両隣3レーンは空けましょう。

近頃、1番を勧めることがあるようです。

1レーンでは先の人が気になる。と言う方が 

多いようです。

ちょっと、ずらす。

気になるようであれば、その時は、投げなければいいのです。

それでも、1レーン空いたら、すぐ投げるので

追い越される。と言う方、

その人のパターンを観察しましょう。

投げたら、自己責任です。

あの人が、すぐ投げるから、投げられない。

などと、言っても、投球したものは、戻せません。

小さい子ども、反対にご高齢の方の中には、

注意されると、「アッ」とわかられるのですが、

すぐ、入り込んでしまうと忘れて。

夢中になるがために、どんどん投げる方がいらっしゃいます。

しょうがない。と思い、こちらが避けながら

投げるしか方法はありません。

腹を立ててしまうのは、

こちらの負けです。

自分を少し、レベルが高いところにおきましょう。

お願いします。

試合では、周りの人の投球タイミングのくせを

素早く観察し、自分の投球リズムをつくるのも

作戦のひとつです。

国際試合では、つぶすのが目的で

わざと、どんどん立ち、集中力をなくさせることも

あるそうです。

私たち、プロの試合は

①.2番の両隣のボックスを注意します。

②.同じボックスで続けて行かない。

  例えば、1-2L・・・A

       3-4L・・・B

       5-6L・・・C

       7-8L・・・D

   と、4ボックスあるとします。

   スタートは準備が出来た人、行きたい人からスタートします。

   そこで、Bのボックスの人

   (奇数レーンの人でも偶数レーンの人でもどちらでもOK)がスタートしたら、

   次はAとCが投げます。

   その後、BとD 

   次はAとC

   自分のボックスの人が誰か投げたら、

   自分は、次に両隣の人が投げるまで、投げてはいけません。

これが、マナーです。

競技の進行は、すべてのボックスが同時に終了するのが

理想です。進行が早い・遅いボックスは

誰かが迷惑をかけているか、かけられているか。のどちらかです。

いつでも、自分の順番が来たら投げられる準備を

しておかなければいけません。

なんだか、精神修養も必要になってきましたね。

いずれにしても、お互いに尊重しあって

ゲームをする事が大事ではないでしょうか?

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394740/26526342

立ちかたがわからない?を参照しているブログ:

コメント

この問題はホント難しいですね。
ケースByケースでもあるがゆえに・・・

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真