« 忙中閑あり | メイン | JLBC九州・山口からのお知らせ »

2011年6月20日 (月)

試合の時のアングルの決め方は?

昨日も、福岡からの移動の際

人吉~えびの間の高速が通行止め。

ループ橋もがけ崩れなどで危ない。と言う事で

水俣の方に南下し、

えびのに向いました。

2時間余計にかかったくらいで済み

ホッとしました。

途中の宮原インターで

「これから、長くなりますので、食べるものを買っておいてください」

つい、たくさん買い込みました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ところで、一緒に練習した人からの質問です。

Q.試合で、どこを投げたらいいのか

いつも迷います。

何ゲームたっても、決まらない時があります。

山本プロはどうしていますか?

A.私の場合をお話ししますね。

まず、自分の得意なアングル、

いつも投げているところを投げます。

それで、バッチリだったらラッキーだけど合わない時は

そこが、オイリーなのか

ドライなのか。

投球ライン上の、どこがオイリーか?

どこがドライなのか?

それを観察します。

それで、外か、中かの大まかなラインを決めます。

次に、一緒に投げている人たちの

投球ラインを観察します。

自分が思ったところが

合っているのか、合っていないのかの

確認にもなります。

同じボックスの人が参考に

ならなかったら、隣近所の人たちを見ます。

感じよさそうな人を特に見ます。

近いボックスによく知ってる人がいたら、

そこもチェック。

とにかく、自分の投球と

他の人を良く観察して

ラインを決めます。

そう、お答えしました。

皆さんも、それぞれ決定方法をもっていることと

思います。

自分を知る事が

一番ですね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394740/26662544

試合の時のアングルの決め方は?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真