« ドーピング | メイン | ドーピング③ »

2011年10月26日 (水)

ドーピング②

現在プロボウリングでは

ドーピング検査はありません。

したがって私は受けたことはありません。

JBCでは対象の大会があり、

抽選なのか、2名程度選ばれるそうです。

該当者はその時までわからず、

検査するその時に

「ちょっと来て下さい。」と呼ばれるそうです。

話の感じでは上位入賞とか

ジャパンのメンバーなどは

選ばれる可能性が高そうです。

選ぶのは他所から来た検査員です。

検査料は競技団体負担ですが

一人10万円以上かかるそうで

検査器具もかなり高額なようです。

(競技団体が用意)

アルコールが禁止薬物に入っているのは

ボウリング競技の他

航空スポーツ・アーチェリー・自動車競技

空手・モーターサイクル・パワーボートが対象です。

これで、陽性反応が出たら、

出場停止などの処分があるそうです。

お酒の力は借りられませんwink

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394740/27341639

ドーピング②を参照しているブログ:

コメント

酒かぁ。

知りませんでした。
講習会ご苦労様です。
また、お話聞かせて下さい。

トーナメントでドーピング検査があったら、間違いなくひっかかるなぁ酒。(笑)

ドーピング検査は、試合終了時にいきなり係員に声をかけられ、そのまま検査場まで同行して検査を受ける義務があります。
ただし、同伴や水を飲むなどの権利もあるはずです。
日本アンチドーピング機構のホームページにわかりやすく載っているので、JBCの全国大会などに出られるかたは一度見ておくとよいと思います。

初めてコメントさせていただきます。
私はドーピング検査を受けたことがあります。
予選終了後、片付けをしていたら「○○さんですか?」と声をかけられました。「誰?何?」と思ったらドーピングの検査対象に選ばれたとのとこ。まさか自分にあたるとは思ってなかったのでビックリしました。しかし以前講習で話を聞いていたので、割と落ち着いて検査は受けられました。
JADAの方に色々お話をうかがいました。
しかし尿を採るときは係の方にずっと見られていたので、やっぱり恥ずかしかったです。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真