« 2011年11月 | メイン | 2012年1月 »

2011年12月 5日 (月)

今どきのジュニア

ジュニアのボウリング教室を

2軒のボウリング場で4つ開催しています。

一つは女の子ばかり5人。

今、学校ではやっている事

自分が関心があることなど

おしゃべりの花が咲きます。

驚きの、今どきの話をいっぱいしてくれます。

「そろそろ、投げたら。」と 促さないといけないほど

話したいことがたくさんあるらしいです。

親に言えない事を話す場所みたいです。

私には大受けの話が多いですね。

教室が終わったら、「お茶会しましょう!」

話を聞いてあげるのも

彼女たちのストレス解消に役に立っているなら、

それもいいでしょう。

話してくれるのも嬉しいかぎりです。

それに比べると

男の子たちの方が、幼い感じです。

すぐ、私と勝負したがります。

HDCP30~80にして、

私も真剣に投げます。

まだまだ負けませんが、時々危なくなります。

そろそろ、少なくしなくては・・・。

先日の話ですが

小学3年生のはじめたばかりの男の子

思いがけず?スペアの連続

自己最高の136点

「先生この頃、腹筋を頑張ったから、良かったぁ

腹筋も割れてきたから。」happy01

そこで

「私も割れているよ。横にだけど」

「へぇ~先生もやっぱり凄いっちゃ。」と

言ってくれました。

<これは2段腹とも言うのよ。wobblyと言いましたら、

きょとんとしていました>

ジュニア教室、めちゃ、おもしろい。good

2011年12月 4日 (日)

PDF変換と教える責任再び

PDF変換の無料ソフト

早速ダウンロードしてみます。

ありがとうございます。

5,000円ほどかけて買ったのに

間違ってたので、再度買いに行く元気がなくなり

がっくり来ていました。

ーーーーーーーーーーーー

教えている子どもが

確かに、プロになりたい!と言ってくれると

ほんとは、とても嬉しいのです。

しかし、将来をかけてする。と

言われると、ちょっと待って。

業界の行く末

(ボウリング場が少なくなっている事や

社会状況の変化)などなど

考えると、他人の事だから心配になります。

本当にそれでいいの?

責任は自分でとってよ。

と、ついつい言いたくなります。

まぁ、自分は、好きで始めているのですがね。

ボウリングをすることは

幸せに、なれる筈なのですが・・・。

私自身はとてもやりがいを感じています。

2011年12月 2日 (金)

2011プリンスカップ開催

今年のプリンスカップがユーストリームで

放送されます。

このアクセス実績が今後のスポンサー獲得にも

繋がりますので

時間がある時に

是非観て下さい。

プリンスカップの放送は、USTREAMのbowlingjapanの
チャンネルにて放送予定です。
http://www.ustream.tv/channel/bowling-japan-stream
詳しい番組予定などは、上記のページにて随時更新予定です。

間もなく、予告編もながれると思います。
http://www.youtube.com/watch?v=-e2hr6J2QwU

ご協力をよろしくお願い致します。

2011年12月 1日 (木)

フォームが一定でないと・・・。

私の教室にいらっしゃる90%は

今より、上手になりたい。

そう思っていらっしゃいます。

残りの10%ぐらいの方がトップアマチュアを目指しています。

自ずと目的が違うし

第一、体力も違うので、教え方も変わります。

選手コースと育成コースの違いでしょうか?

どちらにしてもまずは一定のフォームで投げられるか?

自分の思ったところにボールをコントロールできているか?

これなくして、ボールの選択も

ライン取りの選択もありません。

まずは、フォームつくりです。

しかし、ボールがいい所に行かないと

なかなかいいフォームで投げられないのも事実です。

いい所に行かないと、手で操作しがちになってしまいます。

そこで、いい所に行かなくても

今のは、良かった。悪かった。という目が必要になります。

インサイドから投げるのと

アウトサイドから投げるのでさえ、

景色が変わるので投球のタイミングが

変わってしまう方が多いです。

まずは、どんなレーンコンディションでも

どんな方角にでも変わらず投げられるフォームつくりが

大事だと思います。

最近の写真