« 2012年6月 | メイン | 2012年8月 »

2012年7月26日 (木)

1歩目はどう出したらいいのか?

実は、私もこの問題で急に悩み始めました。

レッスンでは

フィニッシュさえうまく行けば良い。

それまでの過程はどうでも良いですよ。

ただし、最後がうまく行かないのでしたら

最初が肝心。

出だしはゆったりとローギアで出ましょう。

そう伝えています。

しかし、同じローギアでも

かかとからゆっくり出るのか

すり足で行くのか

どっちでもいいのでしょうが

私自身、どちらが良いのか

迷っています。

同じ歩幅

同じテンポはどちらの方なのか?

そして、肝心なのはどちらが力が出るのか?

そういうところです。

試したところ、どっちでも良いようなのですが、

力強く行きたい時は、かかとから全体を着地させて出る。

慎重に行きたい時

特に10番ピンスペアはすり足で出ています。

5歩助走なのでそうできますが、

4歩の方は

しっかりかかとから出た方が良いようです。

枝葉末節なようですが、

迷い始めたら

1歩が出なくなる方もいらっしゃいますので

取りあえず、

どう出るか、

はっきり決めてしまった方が良いでしょう。

暑いですが

動かずじっとしているより

涼しいボウリング場で体を動かし

負けない体をつくりましょう。

2012年7月25日 (水)

国体九州ブロック大会

7月28日.29日に沖縄・サラダボウルで

国体の九州ブロック予選が行われます。

宮崎のジュニアに関わってからの子供たちが

選手として出場するようになりました。

まぁ、楽しんでくれば・・・。と気軽に思っていたのですが

本人たちにしてみると

かなりのプレッシャーらしいです。

親御さんたちから、

先生がいるといないのとでは大違いなので

来て欲しい。とのうれしいご要望を頂いたので

エースレーンの藤元社長にも応援して頂いて

出かけることにしました。

本人たちには秘密です。

当日びっくりしてくれるかなぁ。

沖縄は初めて行きます。

今までも機会があったのですが、

天候に嫌われて叶いませんでした。

今回は大丈夫そうですね。

まだまだ、実力不足とは思いますが

悔いのないボウリングをしてもらいたいものです。

2012年7月16日 (月)

同窓会で

42年ぶりの高校の同窓会。

昔話に花が咲きました。

その地区では県立高校が2校しかなかったので

(今は当時から比べると学校は4つ増え6校ある)

12クラス600名の大所帯。

一つは旧制中学の流れをくみ

一つは旧制女学校を伝統とした学校です。

その中でいろいろドラマがあっていたようです。

知らないこともいっぱい。

驚きの話を聞きました。

少し浮世離れした感じの男の子だった人の話です。

たばこで2回も補導されたことがあり

1回目は夏休みに学校の周りの草刈りをずっとさせられた。

2回目は卒業真近だったそうです。

先生もかばってくれたし、

就職も決まっていたので、学校も大目に見てくれて

退学にならなかった。

退学させられていたら、今の僕はなかった。と。

その会社を何事もなく定年まで勤め上げ

今は嘱託で使ってもらっているそうです。

そんなことがあってたなんて。

全く気が付きもしなかった話です。

先生には本当に感謝している。と言っていました。

昔は生徒のことを本当に親身になって

考えてくれる先生がたくさんいらっしゃったものです。

私たちは、良い時代に生まれてきたのかもしれません。

2012年7月14日 (土)

第110回JLBC九州・山口親善ボウリング大会

7月13日(金)

九州を襲った大雨の中

たくさんの方が参加して下さいました。

宮崎からは熊本近辺が全く通れないので

大分周りで7時間かけて福岡へ辿り着きました。

大会の成績は以下の通りです。

110.pdfをダウンロード

それにしても、自然はどうなっているのでしょうか。

福岡が大雨になったら、

宮崎は晴天

翌、土曜日は下関に行きましたが

今度は下関が大雨。

朝倉市に住む友人のお宅は土砂崩れで半壊に。

自然はいつまで暴れるのでしょうか。

みなさん、どうぞお大事に。

2012年7月10日 (火)

筑波大の田中先生

筑波大の田中喜代次教授が宮崎に

いらっしゃいました。

(筑波大学大学院でスポーツ医学を専攻)

宮崎大学で2日間講義をされたそうです。

エースレーンの藤元社長と3人で

6ゲーム投球しました。

当日は朝からゲーム数が回っていたので

かなり、遅いコンデションでした。

田中先生は

まず、左で3ゲーム

そして右で3ゲーム。

本当に器用です。

そこそこの投げ方ではなくて、

どちらもかなりな腕前です。

左で投げられる時にリリースに

少しバラつきが出るようでしたので、伺ったら

皆さんにボールのパワーがない。

スピードがないと言われたので

少し、筋トレをしたそうです。

すると、力の使い方が少しわからなくなったとか。

元々は右利き。左の方が素直に投げていたのに

パワーが付いた分

色々しすぎてしまうそうです。

それにしてもパワー不足を筋トレで解消。

見習わないといけませんね。

田中教授は

プロ協会で発行している小冊子に

ボウリングで必要な筋肉を解説され

トレーニング方法も書いていらっしゃいます。

是非、参考にしてみてください。

2012年7月 5日 (木)

ボールの持ち方

ボールを構えることをアドレスと言いますが、

その形は人それぞれです。

男性の方が

いつもどうボールを持ったら良いのか迷います。

そう言われました。

上手な方に、ボールを手のひらでのせて運べ。と言われたが

小指の方は浮いてしまう。

小指の方の手のひらをつけると

人差し指の方が浮く。

どっちが良いでしょうか?とのご相談です。

1.手のひら全部で持てる人

2.上半分の手の平

3.下半分の手の平

持つ。一つを取ってもいろいろタイプがあります。

理想は手の平全体で包み込むようにできたら良いのでしょうが、

手の大きさも関係するでしょう。

先日の女性の方は

人差し指の付け根に重さを感じるように

持って下さい。と言いましたら、

「そうすると、力が伝わらない気がする。」と

言われたので、親指の付け根と薬指のラインを意識し

人差し指が使い辛いのであれば

使わなくていいので

中指に力をいれてみて。と試したところ

楽に振れるようになりました。

(薬指は支える力だけにしてください)

中指・人差し指を使うタイプと

中指・薬指の方を使うタイプ

さらに、他の指の組み合わせで使う方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

このご相談の方には

下(小指・薬指側)が浮いてもいいので

人差し指・中指側(特に人差し指の付け根)に重さを感じて持って下さい。

それが功をそうして、いい感じになりました。

(まぁ、迷わなくなったのが良いのかもしれません)

その人の筋肉の動かし方と言いますか

体の使い方を見てアドバイスをしなくては。

自分の型を押し付けない。

自分の理論を押し付けない。

自分の理想を押し付けない。

そう、思っています。

2012年7月 4日 (水)

順位戦とプラチナレディースの違い

さて、どちらも品川プリンスホテルボウリングセンターで

開催されましたが、

順位戦とプラチナではどう違ったのでしょうか?

データを見た訳ではないので

正確とはいかないでしょうが

私の感じたことをお話しします。

両方の比較です。

◆順位戦

 オイルが短く感じました。

 6.7枚または5枚外をまっすぐ・・スピードがある人は良い

            私の場合は少し外に向けないとダメ。

            しかし、外へ向けるとガターになる。

 10枚・・外(右)に向けないとすぐボールは左に行こうとする

      しかし、5枚にかかってしまうと、曲がって来ない。

 15枚・・右へしっかり出さないといけないが

      ポケットを避けるように右ノーヘッドかブルックリンに行く

7番方向は果てしなく左へボールが行くので、

初めて真ん中から左のスペアもスペアボールで取りに行った。

◆プラチナレディース

 5枚・・・順位戦より少しボケているがオイルはある。

     3枚くらいにボールがさわっても曲がってくる

     スピードが必要

10枚・・・少し外へ向ける

     10枚から6枚まで出す。5枚まで行くと戻りが悪い

     しかし、順位戦より幅を感じた。

それより中もオイルを感じるのでずいぶん楽でした。

但し、10番ピンを右ガターに落とすミスばかり。

    角度を絞って投げればいいのに、

    軸足への体重移動が甘くてボールが

    狙ったところより、右へ行ってしまう。

    それで、右ガターへ。散々です。

ゲームが進むにつれて12枚、15枚中に入れて、ボールも変えず

(パーシュートS)で最後まで行けました。

ストライクはいっぱい出たのですが、

ミスも多くて。

AVG209点で4位は出来すぎでした。

投げるポイントは変わらなかった。と思います。

ただ、ミスを許される幅が順位戦の時は無く

プラチナの時はあった。それだけです。

失投がミスとして形にあらわれることは

競技として当たり前でしょう。

投球の再現性を高める。それしかありません。

 

最近の写真

  • 129l
  • 129g
  • Pro
  • Jyosi
  • Guest