« 新人 | メイン | プロ協会のホームページから »

2013年5月20日 (月)

あきらめないでチャレンジ

いくつかの教室の中に

80歳以上の方が何人かいらっしゃいます。

その中で82歳のやせ形の女性です。

今日の投球がすべてポケット厚めに

ボールが集まっています。

それを指摘すると

「えっ そうですか?」

ボウリングをはじめて、そろそろ10年。

(70歳すぎてはじめたのですから。凄いsign01

私の教室に来はじめて、8年ほど。

まず、100点が目標

次に、3個以上マークするのが目標。

130点を超えるのが目標となり、

今では3ゲーム450点を目指しています。

今日は薄めにボールをコントロールする練習をしましょう。

そう、言いましたら、

私にはできません。とのお答え。

そうですね。今の意識と

最後に右に踏み込むステップを直さないと

できないでしょうね。

レーンが遅いから左へどんどん移動しても

結局、右に踏み込み過ぎるから

体をひねって、肘がまわり

ついでに、手首まで回しこむので

いつも、同じコースになってしまっています。

10番ピンを取りに行く練習をしたでしょう?

それができはじめたので、

できますよ。

まず、できる。という気持ちでいきましょう。

そう伝えてから

そうして、ファールラインのところに連れて行き

①落とすところ、このドッド(15枚目)

②スパットは2番

③フィニッシュの足の位置はここ(22枚目)

それを意識して投げてください。

できました。できたのです。

中から外に向かって投げ、

ボールをフックで戻すのは

絶対できないと思っていらっしゃったそうです。

「また、楽しくなったわぁ。」

私も嬉しくなりました。

もっとも、この方は、そういうステップを踏んで

上手になられているから

出来たのだと思います。

チャレンジ精神も旺盛だから。

彼女をまだまだ、見習わなくては。と思いました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394740/31546735

あきらめないでチャレンジを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真