« 2013年9月 | メイン | 2013年11月 »

2013年10月21日 (月)

バックアップの直し方

中学生の女の子

右投げ。

背は高いがやせています。指が細いです。

9ポンドのハウスボールで投げていました。

ピンのそばで大きく右へそれてしまいます。

バックアップは、それを極めるのであれば

本人が希望しないのなら、直さなくても別に構いません。

それで、上手に点数を出す方もいらっしゃいます。

しかし、今から始めたい。

上手になりたいとの事ですので

直すことにしました。

◎フォワードスィングに入る時、内肘に力がはいるので

リリースポイントが体の中央の前まで来てしまう。

これは、女性の方に多い現象です。

◎リリースの瞬間、体全体で沈もうとする。

⇒沈む分、時間ができるので持ちすぎる。

そこで

①スタンディングポジションをとってもらい、

  私が親指の付け根を抑えて投げてもらいました。

  (振ってもらう。そしてリリース)

⇒リリースの感じをつかんでもらうためと

  腰の位置を上下させない感覚をつかんでもらうため。

②アプローチを歩くリズムをチェックしました。

 リズムよく歩くこと。手と足の動きのバランスをとる。

この2点を注意しました。

すべてがうまく行ったわけではありませんが、

バラバラだったリリースが同じ(左足の横)ところで放せることも

できるようになりました。

アドレス時に手首を横にしてそのまま投げる。

その方法をとるとバックアップは簡単に直せても、その後が伸びません。

作用反作用でかえってひどいバックアップになる方もいます。

タイミングを変えたら直る人

スウィングを変えたら直る人

(プッシュアウェイを変えただけで直った人もいます)

ボールの重さを感じることを教えたら直る人

直る方法は、その人その人で違います。

一概に言えません。

どこが原因なのかの見極めが必要です。

私も、直るまでいくつも方法を試します。

してはいけないことは、

リリースの部分だけを取り出してはいけません。

かえって、意識が親指に集中しすぎて、リリースの作業が

怖くなる方がいらっしゃいます。

本人がバックアップを直されているんだ。と

気づかないで直せた時、

心の中で「やったー」と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年10月13日 (日)

インストラクター講習会で

JPBA2級インストラクター資格取得講習会を

開催しました。

Dscn0160 写真は受講生が交代で先生を務めて

教室を実際に行っているところです。

最後に筆記試験があります。

受講生が「消しゴムがない!」というので

貸したところ、これは・・・・・・。

と言って返されました。

気にしないで良いじゃない?と言いましたが、

そっと私の机の上に返されていました。

その消しゴムが

Dscn0165 
「激落ち」では気にしますね。

失礼しました。

 

 

2013年10月 3日 (木)

タイプいろいろ

10人十色、100人百色と言いますが

ボウラーもその通りです。

スピードがある人、無い人

ある人の中でも、20k、30k、40k?とその幅はあります。

また、レーンコンディションによる反応の差

本当に千差万別です。

回転数、回転軸だって全く同じ人はいないと言っても

過言ではないと思います。

他で成功している方法が、あなたに合うとは限りません。

レッスンなどで、他の方に指導されている、その言葉は

あなた自身とは全く正反対のアドバイスかもしれません。

自分と同じところを注意してる。と思っても

体の筋肉量、使い方、体格の違いなどにより

処方箋がまったく違ってくる場合もあります。

但し、ヒントにはなると思います。

もちろん、同じ処方箋で解決することもあります。

試してみることも大事です。

大事なのは、自分自身を知ることです。

冷静に自分を観察する力を身に着けて下さい。

反対に教える方はしっかり観察してあげて

一つのアドバイスに固執することなく

柔軟に対応してあげてください。

できそうなことから、アドバイスしてあげてください。

 

 

最近の写真

  • 129l
  • 129g
  • Pro
  • Jyosi
  • Guest