« バックアップの直し方 | メイン | 2014 宮崎サンシャインボウリングフェスティバル »

2013年11月 6日 (水)

10ピンの飛ばし方

「良い感じ」と思ったのに

10番ピン。

飛ばなくなったら、とことん飛びません。

私のことです。9回くらい続いたこともあります。

これって一言で言うとボールが弱いのですが・・・・。

入射角度が甘い。

ファーストインパクトでポケットをとらえても

セカンドインパクトで入り込めていない。

そこの入り方が甘いので

3番ピンが後ろへ行き、

6番ピンが右に飛んでいるのだと思います。

アプローチを

*靴半分(8-10ピンは靴ひとつ分)下がってスタート。

*半枚外へ出る

*スピードを少し落とす。(落とし加減が難しい)

*すこし動くボールに替える。

*ラインを外にかえて曲がりを大きくする。

*ラインを内にかえて曲がりをタイトにする。

*反対に少し前に立ってスィングをコンパクトにする。

こんな対応をしている方もいらっしゃいます。

<最後は、あきらめて、コンディションが変わるまで待つ(笑)

ずっと同じところを投げていると変わりますから。>

それはさておき、

もう一つ気が付いたことがあります。

それは、飛ばそう、飛ばそうとむきになり

リリースをややこしくしてしまう癖がある。ということです。

ここをシンプルに。軽く落とすだけに。と心がけたら

飛んでくれました。

残りだすと、どうしても「飛ばしたい。」思いが強くなり、

リリースを力強くしたくなってしまいます。

そんな時に冷静になれますように。

この方が課題のようです。

 

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394740/31939427

10ピンの飛ばし方を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真