« 酒井武雄プロ | メイン | 40周年ありがとうございます »

2014年9月25日 (木)

同じ投げ方が続かない!②

前回、同じピンのスペア、同じスパットを

繰り返し投げると良い。とお話ししました。

例えば、10枚(2番スパット)をまっすぐ通して投げるのと

(ファールラインで落とすところ10枚、スパット10枚)

*ファールライン11枚でスパット10枚

*ファールライン12枚でスパット10枚

このように落とすところを1枚ずつ中に入っていくことさえ

スタンス・アドレス時の景色が変わります。

ファールラインで15枚に落とし、10枚目ともなると

全く感じが違ってきます。

景色が違ってくると、投げ方も違いがちになります。

このように一つのスパットを使う事さえ

たくさんのバリエーションがあります。

ですから10番ピンのスペアと

7番ピンのスペアでは感じ方が大きく違うので

なかなか、同じ投げ方が続かないのは

ある意味、当たり前です。

繰り返しの反復練習で体に覚えこませないと

頭でわかっているだけでは、・・・・・・。

自分の投げやすいライン、

コース取りができるレーンではスコアが出るけれど

少し向きが変わっただけで、別人かと思うほど、

違ってしまう方も多くいらっしゃいます。

レーンのコンディションに合えば、いい投げ方になり、

合わないところを投げていると、投げ方まで悪くなっていきます。

レーンコンディションに投げ方を崩されることも。

人それぞれ、角度の限度はあります。(オーバーアングル)

球質の問題もあるし。

でも、もう少し中を投げたら、

もう少し外を投げたら

これくらいには対応したいですね。

練習方法はストライクコースの場合

*スパットを変えないでスタンスを変えて投げる

(但し1番スパットから4番まで、

 またはもっと中の5番もあるので、

 かなり練習のしがいがあります。

 まずは、3つくらいスパットを

 使えるようにしておきたいですね。)

*フッキングポイントを想定し、そこは同じにし、

 スパットを変えて投げる。

どこから、どの方向に投げても自分の投げ方が

できるようにしておきたいですね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394740/32822227

同じ投げ方が続かない!②を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真