« 2015年8月 | メイン | 2015年11月 »

2015年9月27日 (日)

第119回JLBC九州・山口親善ボウリング大会

2015年9月22日(火)に

フラワーボウルで開催致しました。

会場の日程と私の都合がなかなか合わず、

9月の開催が危ぶまれましたが、冨岡雪枝プロはじめ

荒瀬一男プロ・楢崎信二プロが協力して

親善大会を開催して下さいました。

119回+の中で初めて不参加の大会となりましたが、

おおいに盛り上がったようです。

宇部の可愛いO君も来て下さったようで

会えなかったのが残念です。

久しぶりの方もいらっしゃったようでした。

皆様ありがとうございます。

次回は11月6日(金)山口・小郡スーパーボウルさんで

開催致します。

119.pdfをダウンロード

1192

1193

1192g

1193g  写真は上段から2階女子

     3階女子

     2階ゲスト

     3階ゲストのそれぞれ入賞者の方々です

2015年9月10日 (木)

助かっています

・ちょっと練習すると手首が・・・

・ゲームが進むと指に力が入りにくくなる・・・

・調子が良いと右足の親指と

 人差し指の間の甲が痛くなります。

(足でも人差し指っていうのかしら?)

そこで、サポートしてもらうのが

ファイテンのテープ

稲沢での小学生全国大会の際に

貼っていただきました。

それ以来貼っています。

私は手にも足にもほとんど汗をかきません。

したがって、一度テーピングをすると

1日もちます。

手首・膝のテープは自分で外そうとしない限り

何日もはずれません。

生徒さんたちが「すぐ外れる」

「1ゲームなんてもたない」と言うのが

「え-」です。

生徒さんたちには「のりった」が必需品のようです

私のほうが「まれ」っていうのにこの頃気がつきました。

もっとも2日くらいで貼り換えますが。

タコもできにくいし。

この体質は経済的です(笑)

Dsc_0218

手の形をこのようにし

この形でリリースすることをイメージしています。

サムには契約のレジェンドスターのタイミングテープを

貼っています。

足はDsc_0219

「手」も「足」にも指に1本ずつ巻くように貼っています。

辻岡貼りです。

楽になりますよ。

 

2015年9月 1日 (火)

アドレス

4月のプロアマで阿部プロが

特徴のあるプロボウラーの形態模写をしました。

その時に「なかなかボールのポジションが決まらない〇〇プロ」

そのパターンが3人ほどありました。

近頃、改めて、アドレス・ボールの持ち方の

重要性を感じます。

1投ごとに、親指・フィンガー・アウトリガー

これらの力加減

手首の方向・角度

ここをきっちり確認しながら投げる。

このことによってプッシュアウェイ

もしくはプッシュダウン

1歩目の正確さにもつながってくるような気がします。

特に、私のようにボールのパワーが少ない人は

より、神経を使ってきっちりすることが

重要です。

自分の型を決めるまで時間がかかるかもしれませんが

再現性のために、考えてみてはいかがでしょうか。

最近の写真

  • 129l
  • 129g
  • Pro
  • Jyosi
  • Guest