« 2016年1月 | メイン | 2016年4月 »

2016年2月29日 (月)

第7回 佐賀レディースプロアマオープントーナメント

毎年恒例になりました。

佐賀での女性の大会

今年の会場はメリーランドタケオボウル

プロの部は2ゲーム2位以下に50点以上、差をつけて

トップを走っていた前屋瑠美プロを

279点であっさり逆転した川口富美恵プロ

シードプロの怖さを見せつけました。

それにしても、遅くなったレーンの攻略は

本当に上手い。凄い。

新人阪本彩プロも229点を打ち、9点かわし2位

瑠美さん、また立ち上がってがんばれ!

アマチュアの部はなんと小学生が優勝

スクラッチでも690点を打ち、文句なし。

小学6年生ですが、全国小学生大会で4年、5年と優勝し

6年の夏も優勝を争い、わずか届かなかった中島望結さん

実力があります。素晴らしく、たくましかったです。

他にも小学生の参加があり、楽しみな会になりました。

成績は下記の通りです。

seiseki.pdfをダウンロード

Cimg8353

アマチュア下段左から1~5位 上段左から6~10位

 

1456737755412_1

プロと大会関係者

Cimg8340 プロ上位3名

Cimg8350 アマチュア上位3名

2016年2月 5日 (金)

ジュニアスポーツ

今日も会議と言うより報告会に参加して来ました。
1年間の小・中・高の競技力向上のため
何をしたか。という報告会です。
陸上記録は
15歳。つまり中学3年生の時にどのような
トレーニングをするかで
18~19歳のころの伸びにかかってくることが
世界のデータでわかっているそうです。
ところが日本には高校受験があり
夏休み前に 部活を卒業してしまい
大事な体つくりの時期に何も
しないことになっている。
この期間にトレーニングする機会があれば
日本の陸上もかわる。
また、中学から高校になり
あるいは子供のころのスポーツ種目が
上の学校に行くと、その部活がなくなり
他の好きではないけど、
究極の選択しなければならなくなる。
しかし、学校によっては
校長先生の考え方次第だそうですが
色々な学校にない種目をしている子を
ひとつのクラブ
例えば「ひまわりクラブ」とでも名付けて
放課後、学校で簡単なトレーニングをした後
または、ボランティア活動をした後
それぞれの地域のサッカークラブや野球
女子サッカー・少林寺拳法・クライミングなどをしに行く。
ボウリングで言えば、学校で基礎練習をし
ボウリング場で練習する。
そのクラブには顧問の先生を2.3人つけて
その子たちが全国大会にでも行く時は
その先生たちが交代で引率を引き受ける
そんな制度もあるそうです。
私立だと親御さんの引率でも
学校の許可が下りるそうですが
公立はそうはいかないそうです。
それぞれ違う種目の子たちを
集めて部活とする
言わば「多種目クラブ」 とでもいうクラブだそうです。
しかし、これも校長先生の裁量次第と言うのが・・・。
色々な話が伺えました。

最近の写真

  • 129l
  • 129g
  • Pro
  • Jyosi
  • Guest