2016年2月29日 (月)

第7回 佐賀レディースプロアマオープントーナメント

毎年恒例になりました。

佐賀での女性の大会

今年の会場はメリーランドタケオボウル

プロの部は2ゲーム2位以下に50点以上、差をつけて

トップを走っていた前屋瑠美プロを

279点であっさり逆転した川口富美恵プロ

シードプロの怖さを見せつけました。

それにしても、遅くなったレーンの攻略は

本当に上手い。凄い。

新人阪本彩プロも229点を打ち、9点かわし2位

瑠美さん、また立ち上がってがんばれ!

アマチュアの部はなんと小学生が優勝

スクラッチでも690点を打ち、文句なし。

小学6年生ですが、全国小学生大会で4年、5年と優勝し

6年の夏も優勝を争い、わずか届かなかった中島望結さん

実力があります。素晴らしく、たくましかったです。

他にも小学生の参加があり、楽しみな会になりました。

成績は下記の通りです。

seiseki.pdfをダウンロード

Cimg8353

アマチュア下段左から1~5位 上段左から6~10位

 

1456737755412_1

プロと大会関係者

Cimg8340 プロ上位3名

Cimg8350 アマチュア上位3名

2016年2月 5日 (金)

ジュニアスポーツ

今日も会議と言うより報告会に参加して来ました。
1年間の小・中・高の競技力向上のため
何をしたか。という報告会です。
陸上記録は
15歳。つまり中学3年生の時にどのような
トレーニングをするかで
18~19歳のころの伸びにかかってくることが
世界のデータでわかっているそうです。
ところが日本には高校受験があり
夏休み前に 部活を卒業してしまい
大事な体つくりの時期に何も
しないことになっている。
この期間にトレーニングする機会があれば
日本の陸上もかわる。
また、中学から高校になり
あるいは子供のころのスポーツ種目が
上の学校に行くと、その部活がなくなり
他の好きではないけど、
究極の選択しなければならなくなる。
しかし、学校によっては
校長先生の考え方次第だそうですが
色々な学校にない種目をしている子を
ひとつのクラブ
例えば「ひまわりクラブ」とでも名付けて
放課後、学校で簡単なトレーニングをした後
または、ボランティア活動をした後
それぞれの地域のサッカークラブや野球
女子サッカー・少林寺拳法・クライミングなどをしに行く。
ボウリングで言えば、学校で基礎練習をし
ボウリング場で練習する。
そのクラブには顧問の先生を2.3人つけて
その子たちが全国大会にでも行く時は
その先生たちが交代で引率を引き受ける
そんな制度もあるそうです。
私立だと親御さんの引率でも
学校の許可が下りるそうですが
公立はそうはいかないそうです。
それぞれ違う種目の子たちを
集めて部活とする
言わば「多種目クラブ」 とでもいうクラブだそうです。
しかし、これも校長先生の裁量次第と言うのが・・・。
色々な話が伺えました。

2016年1月28日 (木)

2016宮崎サンシャインボウリングフェスティバル

今年も、お陰様で、大会は無事終了致しました。

九州各県からご参加頂いた皆様には

お気の毒としか申し上げようがない

道路事情になってしまい、大変申し訳ありません。

宮崎だけ、良い天気で

宅配便さんも宮崎から出られない、

陸の孤島になっていました。

皆様、無事にお帰り頂けたか、心配です。

大会は、男子:須田 毅

    女子:阿部聖水あらため堂元美佐

予選からのハイレベルな戦いを制しました。

成績と大会参加のプロボウラーは以下の通りです

2016yosen.pdfをダウンロード  

2016final.pdfをダウンロード

2016woman_1.pdfをダウンロード

2016man.pdfをダウンロード

Dsc_8305

Dsc_8701

2015年11月 4日 (水)

レジェンドスターの講習会に参加して

時間が合えば、講習会や勉強会には

極力参加したいと考えています。

時間と経費がかかるけど

自分のためにです。

知識が増えれば、みんなに伝えられる。

そうすると、聞きに来てくれる。

生徒さんが増える。

ボウリング場に感謝される。

私の必要性が出てくる。

そういう循環になって来ます。

だから、勉強するのです。

「情けは人の為ならず」

すべては自分に戻って来ます。

今日もその時に改めて確認した知識を

健康教室の中で、話題として話すことができました。

「私も、生徒さんになって来ました。

自分で気を付けていたことですが、

さぁ、投げてください。となると

無意識に手首を回してしまいます。

習い始めのころから30年間、

リフト&ターンと言って

自分の手でボールに回転をかけていたのですから、

その癖がつい出てしまいます。

ボールはこぼす。と知っているのに

30年間ずっとして来ていたことなので

なかなか直りません。

今のボールは構造が違うので、回す必要がありません。

かえって回すとボールがどう転がっていいのか

迷ってしまいます。

余計な動きはせず、ナチュラルに。

前後に軽く腕を振り、その手の方向通りに

ボールを足元にこぼす感じが良いのです。

回したら、曲がりません。

皆さんも長年やってきたスポーツの癖が

なかなか抜けないと思いますが、

腰、肩も回さないように

頑張ってください」

2015年9月27日 (日)

第119回JLBC九州・山口親善ボウリング大会

2015年9月22日(火)に

フラワーボウルで開催致しました。

会場の日程と私の都合がなかなか合わず、

9月の開催が危ぶまれましたが、冨岡雪枝プロはじめ

荒瀬一男プロ・楢崎信二プロが協力して

親善大会を開催して下さいました。

119回+の中で初めて不参加の大会となりましたが、

おおいに盛り上がったようです。

宇部の可愛いO君も来て下さったようで

会えなかったのが残念です。

久しぶりの方もいらっしゃったようでした。

皆様ありがとうございます。

次回は11月6日(金)山口・小郡スーパーボウルさんで

開催致します。

119.pdfをダウンロード

1192

1193

1192g

1193g  写真は上段から2階女子

     3階女子

     2階ゲスト

     3階ゲストのそれぞれ入賞者の方々です

2015年9月10日 (木)

助かっています

・ちょっと練習すると手首が・・・

・ゲームが進むと指に力が入りにくくなる・・・

・調子が良いと右足の親指と

 人差し指の間の甲が痛くなります。

(足でも人差し指っていうのかしら?)

そこで、サポートしてもらうのが

ファイテンのテープ

稲沢での小学生全国大会の際に

貼っていただきました。

それ以来貼っています。

私は手にも足にもほとんど汗をかきません。

したがって、一度テーピングをすると

1日もちます。

手首・膝のテープは自分で外そうとしない限り

何日もはずれません。

生徒さんたちが「すぐ外れる」

「1ゲームなんてもたない」と言うのが

「え-」です。

生徒さんたちには「のりった」が必需品のようです

私のほうが「まれ」っていうのにこの頃気がつきました。

もっとも2日くらいで貼り換えますが。

タコもできにくいし。

この体質は経済的です(笑)

Dsc_0218

手の形をこのようにし

この形でリリースすることをイメージしています。

サムには契約のレジェンドスターのタイミングテープを

貼っています。

足はDsc_0219

「手」も「足」にも指に1本ずつ巻くように貼っています。

辻岡貼りです。

楽になりますよ。

 

2015年9月 1日 (火)

アドレス

4月のプロアマで阿部プロが

特徴のあるプロボウラーの形態模写をしました。

その時に「なかなかボールのポジションが決まらない〇〇プロ」

そのパターンが3人ほどありました。

近頃、改めて、アドレス・ボールの持ち方の

重要性を感じます。

1投ごとに、親指・フィンガー・アウトリガー

これらの力加減

手首の方向・角度

ここをきっちり確認しながら投げる。

このことによってプッシュアウェイ

もしくはプッシュダウン

1歩目の正確さにもつながってくるような気がします。

特に、私のようにボールのパワーが少ない人は

より、神経を使ってきっちりすることが

重要です。

自分の型を決めるまで時間がかかるかもしれませんが

再現性のために、考えてみてはいかがでしょうか。

2015年8月25日 (火)

U22 1st Fukuoka Summer Cup 2015

8月21日~23日の3日間

宮崎のジュニアとジュニア+を連れて

博多スターレーンでの大会に参加してきました。

参加277名 9か国からの参加

英語が飛び交う会場でした。

大会の間に2時間ものジュニアレッスンが行われ、

二人の宮崎ジュニアが参加させてもらいました。

まず、1人目はPBAでイングランド代表の

スチュアート・ウィリアムス

2人目はロトグリップとストームのボールデザイナーの

クリス・シュレマー

3人目はPBAのウェス・マロット

そして 石原章夫プロと板倉奈智美プロの

5名によるレッスン

これだけでも来た甲斐があったと喜んでいました。

Dscn0850

Dscn0854

Dscn0858_2 エキシビションの

ストライクチャレンジで残ったK君

Dscn0859 決勝に進めなかったので、陶芸で2時間半集中

Dscn0866_2 で、出来上がった作品

これから乾燥⇒成形⇒素焼き⇒本焼きです。

夏休みの思い出になったかな。

2015年8月 6日 (木)

2015夏休みジュニアボウリング教室

8月5日~7日の3日間

夏休みジュニアボウリング教室を開催しています。

今日の授業、「ストライクの仕組み」は

みなさん熱心に聞いてくださり、

つい熱が入りました。

Dscn0826

昨日は49名

本日は84名(内32名は今日だけ)

明日は52名の予定です。

昨日から、ちょうど健康ボウリング教室の

卒業生のクラブ移行スタート日とも重なり

てんやわんやです。

ボックスの人数が8名と多くなり、

皆様にご迷惑をおかけしましたが、

文句も言わず楽しそうにして頂けたのが

何よりです。

スタッフも3名で総勢120名に対応したので

さぞ疲れたことでしょう。

私に付き合うスタッフは大変です。

明日はジュニアだけですので

少しゆとりかな?

ジュニアは

女子が少ないのが気になりますが

みんなの笑顔に包まれ幸せです。

Dscn0827

2015年7月30日 (木)

健康ボウリング教室終了

本日9回目の健康ボウリング教室が終了しました。

85名の卒業生

教室中にすでに30名の方が

3点セットを買われました。

沢山の方が続けて下さったら

良いなぁ。と。

宮崎エースレーンさんに伺うようになったのは

平成12年9月

初め週1回、水曜日に

福岡から日帰りしていました。

朝5時のバスに乗り、夕方5時のバスで帰る。

ほどなくして、週2回から今では4日。

ほとんど宮崎人です。

月曜日に宮崎に来て、木曜日に太宰府に帰る。

そんな生活をしています。

その間、1回も病気で休んだことがないのが

私の自慢です。

もちろん、風邪も引きます。

頭も痛くなります。

おなかもおかしくなります。

しかし、仕事に?穴をあけたことはありません。

今から先はわかりませんが・・・・。

その暮らしぶりをお話すると

生徒さんは驚かれます。

宮崎~福岡はバスで4時間ですから。

これもボウリングのお蔭。

皆さんが待っていてくださると思うと

嬉しくて続いているのだと思います。

昔のジュニアが久々に来場すると

「先生、まだ おったと?」

このセリフはこれからも聞きたいと思います。

最近の写真