2018年7月11日 (水)

第18回JLBC九州・山口親善大会

6月29日(金)福岡市のフラワーボウルで開催しました。

当日は雨の影響で交通機関や道路状況が悪く、いらっしゃるのに

苦労されたようです。

 しかし、このところの豪雨ははるかに厳しく、

心痛む状況です。

心よりお見舞いを申し上げます。

さて、そんな中、恐縮ですが、大会のご報告を

掲載させて頂きます。成績は上位10名を掲載しています。

次回は、9月21日(金)

山口県のパークレーン宇部 にて開催いたします。

128th.pdfをダウンロード

Jyosi

Guest

Pro

2018年4月 9日 (月)

第9回佐賀女子オープントーナメント

宮崎から総勢8名で片道5時間少々かけて

佐賀県は伊万里スターボウルに行ってまいりました。

昔から、ウッドレーンでスコアがなかなか出ない

センターさんですが、

皆で挑戦です。

スコアが出ないということは、誰にでもチャンスは

転がっているということ。

などと励ましつつ、スタートしました。

この時期、何かとイベントが多く

宮崎の皆さんも佐賀を含め3か所で

イベントに参加しています。

我がJLBC チームは前夜祭で6名が何かしらの

賞品をゲット。

本大会でも3名が入賞しました。

はじめは外からのライン。

3ゲームほどで、かなり遅くなり

決勝ではとても とても とても遅くて、

10番ピンスペアはほぼ諦めの境地で

投球したようです。

でも数々のスプリットに悩まされながら

最後まで、頑張りました。

帰りも長旅。

夜中に帰り着きましたが、

翌日の昼のリーグには

皆さん出席。ありがとうございます。

大会の成績と写真を掲載いたします。

9th_seiseki.pdfをダウンロード

Amaアマチュア表彰

Pro参加プロボウラー

All 大会スタッフと共に

2018年1月 8日 (月)

おめでとうございます

旧年中は大変お世話になりました。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

何ということでしょう!

とっくにアップしなくてはいけないものを

今頃。大変申し訳ありません。

昨年11月17日に行った

JLBC九州・山口の親善兼忘年会の模様をご案内いたします。

なお、今回から親善大会に関しましては

上位入賞者の方の成績のみ掲載させて頂きます。

ご了承下さい。

126.pdfをダウンロード

1511750919605 女性の部入賞者

1511750926214 ゲストの部入賞者

1511750934951 忘年会の模様

2017年12月28日 (木)

2018宮崎サンシャインボウリングフェスティバル

pro.pdfをダウンロード 208年1月20日~21日に宮崎エースレーンにて

開催するサンシャインボウリングの

参加プロボウラーが確定しましたので

こちらからご案内いたします。

(Facebookでのファイルアップ方法が・・・・・)

観戦は2日間通し券 1,500円(前売り1,000円)

※遠方の方はお電話での事前申し込みが可能です

☎ 0985-25-6262

ぜひ、足をお運びください

pro.pdfをダウンロード

2014年11月19日 (水)

みんながスポーツ″1130″県民運動推進事業

宮崎県では1130運動というのがあります。

1週間に1回以上30分以上の運動をしましょう!

スポーツの推進運動です。

総合型スポーツクラブ「みやざき中央スポーツクラブ」では

その事業に応募し、健康ボウリング教室と

ボウリング体験会を開催しました。(10月12日、11月16日)

Dscn0581教室卒業生のてげてげクラブの皆さん

 

012

健康ボウリング教室での体操風景

小林あゆみプロと。

P1030192

    ボウリング体験会

10月はあいにくの台風でしたが、

   前屋瑠美プロに手伝って頂き

   それでも78名の参加がありました。

11月は小林あゆみプロに加わって頂き、

   ボックスごとに記念写真をパチリ。

1130体操と2ゲームを楽しんで頂きました。

   115名の参加 

みなさん、ありがとうございました。

これからも一緒にボウリングを楽しみましょうsign03

2010年9月25日 (土)

ボウリングで健康に

Photo

ボウリングというスポーツは

ゼイゼイ、ハァハァというスポーツではありません。

すぐには感じないけれど、やはり疲れます。

重いボールを持つので

握力、腕力が鍛えられます。

ボールの重みに耐えられる脚力が必要。

姿勢が大事・・・腹筋・背筋が必要

しない方が想像する、それ以上に全身運動です。

一人で、練習をする時に

ボールが戻ってきたら、すぐ次の投球動作に入る。

これを3ゲーム繰り返したら汗びっしょりになります。

通常遊びで投げられる方は

2,3ゲームでしょうが、

競技となると6ゲームは最低投げないといけません。

(ボウリング場独自の試合は3ゲーム~)

最初は

ボウリング教室に入って、投げ方のコツを教わる。

少し慣れたら

ボウリング場で開催する試合やリーグに出てみる。

リーグ戦に加わるのはお勧めです。

定期的にすることが上達への道ですし、

生活にリズムが出ます。

友人ができます。

ボウリングは若い方から年配の方まで

幅広い世代の方がいらっしゃいますので

小学生と70歳の方が友達になることも

珍しくありません。

私にも幼稚園の友達も

90歳の友達もいます。

年齢も職業もバラバラだから

面白いですよ。

ボウリングでは誰が何をしているのか

気にしないで付き合えます。

天候にも左右されず

自分の都合がいい時にできる。

一人でもできるし、

多世代の方が一緒に楽しめる

そんなスポーツです。

定期的にすることで

きっと健康になれるはずです。

心地よい汗をかき、楽しめるボウリング

次のお休みには家族・友人を誘って

ボウリング場に出かけませんかsign02

2010年5月14日 (金)

ボウリングで健康づくり

私がボウリングをはじめたきっかけは、

一生の仕事になるのではないか。と

思ったからです。

ボウリングが好きsign03という

動機ではありませんでした。

しかし、ボウリングを始めて39年。

いまだに続けているんですから。

ボウリングは8歳から80歳まで。という

キャッチコピーがありますが、

今ではその数字を変えないといけなくなっています。

8歳から100歳まで。と。

80歳を超えて元気に投げていらっしゃる方を

大勢知っています。

90歳以上ももちろんいらっしゃいます。

健康で、元気で、若々しくて。

私の目標でもあります。

ボウリングは全身運動です。

ぜいぜいするような過激な動きではありませんが、

上半身・下半身あらゆる筋肉を使います。

*重いボールを使うので

 知らず知らずのうちに

 ウェイトトレーニングをしています。

*1ゲーム投げる間に200歩以上歩いています。

*筋肉は常に骨に刺激を与えているので、

 骨粗しょう症の予防にもなります。

*どうやってストライクを出そうか

 どうやってスペアをとろうか。と

 頭を使うので、脳の活性化にも役に立ちます。

*ボウリング場の試合やリーグ戦では

 多世代一緒ですから、幅広い友人ができます。

*家族でボウリングをすれば、家族の輪が強まります。

*定期的にボウリングをすることで、生活のリズムができます。

一人でもできるし、もちろん大勢でも楽しい。

天気に左右される事もなく、予定が立てられます。

忙しい方にもぴったりと思いますが、いかがですかhappy01

Photo_2

2010年2月 9日 (火)

ボウリングは健康の源

みやざき中央スポーツクラブという

総合型地域スポーツクラブがあります。

その中の宮崎SS倶楽部の活動をお手伝いしているのですが、

本日は「健康ボウリング」についてお話をとの

依頼で30分健康とボウリングについてお話をしました。

ボウリングはとても健康のために役にたつsign03

という事をお話しました。

ボウリングをする目的は

色々でしょうが、多くの方は何かスポーツをして

健康を維持したい。ということではないでしょうか。

健康って大事ですよね。

体もですが、心も健康でありたいですね。

健康は自分のためではありますが、周りの方々

家族や友人たちのためでもあります。

元気で明るいと、奥様やだんな様も明るい。

家庭が元気

⇒地域が元気

⇒日本が元気

健康は人のために大変役に立つものなのです。

あなたの周りで少しはスポーツをしないとねぇ。

などという方がいらっしゃれば、是非ボウリングに誘って下さい。

ってな話をしました。

では、どんな健康のために役にたっているか。と言うと

① ストライクを狙うコースを考える。

   スペアを狙う。

   レーンのコンディションを見極める。

   点数のことを考える

   ⇒脳の活性化

   ⇒認知症の予防

②全身運動。

  手も足も使う

  ⇒血液の循環がよくなる

  ⇒細胞の機能が活性化 

  ⇒免疫機能が高まる

③重いボールはダンベル運動

  ⇒骨に負荷がかかる

  ⇒骨を強化

  ⇒骨密度が高まる

  ⇒骨そしょう症の予防になる

どうですか。いっぱいあるでしょう。

さらに室内競技ですから、

 気温の変化も少なく

 日焼けもない

安心して取り組めます。

それにボウリングは取り組む前に思うより

ずっと難しい競技です。

だって・・・

世界のどこを捜しても アベレージ300の方はいない

スペアだって100%取れる方はいません。

AVG300は不可能としても 

スペア100%には限りなく近づきたいものです。

そこに届くまでボウリングはやめられません。coldsweats01

2009年5月 1日 (金)

老老介護

先日、清水由貴子さんの自殺が報じられました。

ボウリング番組にも多く出ていらっしゃったし、

Oプロは清水さんをよくご存知なので、少しびっくりです。

宮崎エースレーンでも話題になりました。

やはり、お舅さんやお姑さん・自分の両親や兄弟を

看ているや看た方も多く、他人事ではないよね。って話に。

そこで「ボウリングをしている人って、元気よねぇsign02

「痴呆になる人っていないんじゃないsign02

私もよ~く考えてみると、確かにいません。

ボウリングを止めた方の中で1人いらっしゃるのを知っている位です。

お1人の方が「スペア取る時にさぁ、どうして取ろうかとか、考えるよねぇ。

へたでも、頭を結構使ってるもんね。10フレームとかスペアを取ると

180いくとか、計算もするもんね」と。

ずばり、その通りです。

筑波大の田中教授も言っていらっしゃいました。(週刊現代、その他)

ボウリングは老化防止にとても効果があります。

ボウリングはし続けると、生活習慣になると

本当に役に立つスポーツです。

年配の方がするには最適です。

1.呼吸が乱れにくい。

2.空調のいいところで行う室内競技。

3.適度なゲーム性がある。

4.足も手も使う全身運動。

5.多世代が同時にできる。

6.特別に道具を用意しなくてもいい。(続けると道具は欲しくなるけれど、

  それだって健康の為に自分1人でする分には特になくてもいい。

  ハウスボールで十分)

7.自分のペースでできる。

などなど

仕事が忙しい、若い方にも、次の日にあまり疲労感が残らないから

絶対お勧めです。

週に1.2回、あなたもボウリングをして見ませんか?

最近の写真

  • 129l
  • 129g
  • Pro
  • Jyosi
  • Guest