2017年12月12日 (火)

何でも簡単に

女性が10ピンが取れん、教えて!と若手のプロに。

「そこに先生がいるから、先生に聞いたら」

隣で投げていた荒瀬一男プロを指名

荒瀬プロの答え

「10ピンに向かって手を振ったら良いんよ」

その女性は言われた通り10番に向けて手を振り、

ちゃんと10ピンが取れました。

そのようにいつでも簡単にアドバイスすることは

とても大事と考えています。

小難しく言わずにシンプルに。

そこで、皆さんに私から。

インストラクター講習会の時にご案内したら、

好評でしたので、皆様に公表したいと思います。

試験も間違わずにできたと、すぐ覚えて頂きました。

ぶっちゃけ、聞いて聞いて!という感覚ですが。

まず、下の画像を見てください。

Pin3番ピンと6番ピンと10番ピンが

残っています。

ピン3本と10LBS(ポンド)のボールの重さはほぼ同じです。

ピン1本は約1.5kgと

ここまではよく使うセールストーク(ボウリング教室での話)

そこで

ピンの重さの規格は

この3-6-10なのです。

?????????

つまり3ポンド6オンスから

   3ポンド10オンス

この画像を見て、ピンの重さは

3-6-10と覚えてください。

もう忘れないですよね。

まぁ、大層なことではありませんけど、

ボウリングを教えている人には

必須な知識ですから。

2017年6月 9日 (金)

C級インストラクター受験資格試験

今日は博多スターレーンです。

昨年まで、ITSと言っていたアマチュアの方が

上のレベルのインストラクターに進むための

実技試験を行っています。

年一回のC級インストラクターの受講資格には

やはり、一定の投球能力が必要です。

この実技試験を通れば、三年以内に一回の

C級講習会を受講し、筆記試験に受かれば、

C級へ昇格します。さらび、B、Aと勉強して

進んで欲しいと思っています。

ちなみに本日のレーンコンディションは

8月に行われるU22用のコンディションだそうです。

世界基準?のコンディション。

ゲームが進むにつれて難しくなるようです。

このモバイルから、コンディション画像がアップできないので、

facebookで画像をアップします。

2015年11月 4日 (水)

レジェンドスターの講習会に参加して

時間が合えば、講習会や勉強会には

極力参加したいと考えています。

時間と経費がかかるけど

自分のためにです。

知識が増えれば、みんなに伝えられる。

そうすると、聞きに来てくれる。

生徒さんが増える。

ボウリング場に感謝される。

私の必要性が出てくる。

そういう循環になって来ます。

だから、勉強するのです。

「情けは人の為ならず」

すべては自分に戻って来ます。

今日もその時に改めて確認した知識を

健康教室の中で、話題として話すことができました。

「私も、生徒さんになって来ました。

自分で気を付けていたことですが、

さぁ、投げてください。となると

無意識に手首を回してしまいます。

習い始めのころから30年間、

リフト&ターンと言って

自分の手でボールに回転をかけていたのですから、

その癖がつい出てしまいます。

ボールはこぼす。と知っているのに

30年間ずっとして来ていたことなので

なかなか直りません。

今のボールは構造が違うので、回す必要がありません。

かえって回すとボールがどう転がっていいのか

迷ってしまいます。

余計な動きはせず、ナチュラルに。

前後に軽く腕を振り、その手の方向通りに

ボールを足元にこぼす感じが良いのです。

回したら、曲がりません。

皆さんも長年やってきたスポーツの癖が

なかなか抜けないと思いますが、

腰、肩も回さないように

頑張ってください」

2015年1月28日 (水)

インストラクター委員会

昨日と打って変わり、寒い日になりました。

認定インストラクター講習会の講師を担当する方々の

勉強会・会議に続き

本日はインストラクター委員会の会議が

田町ハイレーンにて行われました。

結構、充実した会議でした。Dsc_01321

明日は、1日オフ。

ホテルでグダグダしたいところですが、

 後回しにしている某機関への報告書の作成を

・・・・。

他に少し、東京も歩いてみたい。

 

しかし、そこまでの元気はない。

体を休めることを中心とした日にします。

最近の写真

  • 129l
  • 129g
  • Pro
  • Jyosi
  • Guest