2015年7月27日 (月)

ボウリングの投げ方を変えなくちゃ。

先日、と言っても6月の話しなので

少し時間が経っています。

ボウリングの師匠から

リリースについて指導を受けた時、

「昔のボウルは何もなかったから、

投げる人が、一生懸命リリースを工夫し、

力強くスピードと回転を与えることを

せんといかんかったが、今のボールは

エンジンを搭載しとるのと同じや。

だから、邪魔せんようにしてあげんと。

掌からこぼすようにしたらええんや。」

そうでした。

私たちがボウリングを始めたころは

コアは円でその周りに硬質ゴムで囲っているだけ。

ウェイトも半月。

その後、集中ウェイトが出てき、

アクシスの棒が入ったりし、

そこから、段々、中玉の形に

創意工夫がされて来たのでした。

表面を柔らかくした方が良い。

そう気づき、ケトンという薬品で柔らかくする人が出てきたり。

常識が変わって行きました。

そうやって、ボールの性能がどんどん進化したのでした。

昔は、リフト&ターンが必要でしたね。

今は、余計なことをしない。それが大事です。

私はついつい余計なことをしてしまいます。

あっ、余計なこともなるべく言わないように心がけます。

2015年1月28日 (水)

インストラクター委員会

昨日と打って変わり、寒い日になりました。

認定インストラクター講習会の講師を担当する方々の

勉強会・会議に続き

本日はインストラクター委員会の会議が

田町ハイレーンにて行われました。

結構、充実した会議でした。Dsc_01321

明日は、1日オフ。

ホテルでグダグダしたいところですが、

 後回しにしている某機関への報告書の作成を

・・・・。

他に少し、東京も歩いてみたい。

 

しかし、そこまでの元気はない。

体を休めることを中心とした日にします。

2014年9月24日 (水)

酒井武雄プロ

先日のプロ協会の理事会で

「これは凄いと思うけど・・・・」とある理事が。

男子9期生の酒井武雄プロ 

何と40年間シードをキープしている。とのことです。

気にしたことはなかったけれど、

そう言えば、私がプロになって、シードじゃなかった

酒井武雄プロを知りません。

毎年、必ずシードなので

あまりにも当たり前にしていらっしゃるので

気が付きませんでした。

男子プロの方々は、この凄さが身に染みてわかると思います。

他の世界にはきっとないことでしょう。

この記録は

ギネスものではないでしょうか?

ボウリング愛好の皆さんに、知っていて頂きたいです。

2012年5月13日 (日)

今日は下関へ

天気がとても良い日で

良いドライブ日和でした。

いつも帰りは眠くなるのでCDをガンガンかけて

歌いながら帰ります。

高速バスのドライバーもそうできたら眠くならないでしょうに。

そう思いつつ。

ちなみに今日のCDはハイファイセット・由紀さおり。

そして嵐。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

蛇の目ウサギTOYOさん

  ⇒スペアボールの登場はやはりボールの材質の変化です。

私もボール1個の時代の人です。

硬質ゴム→プラスティック→ウレタンと変わり、

その後はどんどんいろんな素材が開発されています。

ウレタンボールが出てきてからですね。

ウレタンボールの誕生はレーンのオイルが

それまでの揮発性のオイルからウレタンオイルに変わったのも一因です。

ボールの硬度をやわらかくした方がピンアクションが良いと気づき

ケトンという薬品につける人が出てきたりしました。

それで硬度の制限ができました。

AMFのアングルというボールが出た時は

とても驚きました。私のボールでも曲がったのですから。

ボールの曲がりが大きくなると、10番ピンが取れない。

それと、レーンのコンディションにより、

ボールを変える発想が起き、

ミスが多くなった10ピンもボールを変えたら

取れるのでは?との発想です。

誰が1番に思いついたのかなぁ。

そこら辺はわかりませんが、

みんなが自然に始めたと思います。

ゲーム中にボールを変えていいのか?という

ルールの確認などをした気がします。

もちろん、ボール1個でもスペアが取れる方は

ボール1個で十分です。

ボールを変えるとフィーリングが悪くなって、かえって取れない。

という人もいます。

スピードのある方は、案外問題なくとれるようです。

私も無理には勧めません。

自分が一番確率がある。

そう思える方法がいいのではないでしょうか?

スペアのとり方だって

基本を教えますが

違っても、その方が自信あるのでしたら

別に構いません。

ただ、あまりにも取る確率が悪いようでしたら

話し合います。

そこでも無理には言いません。

好きなように投げたら良いのです。

自分を変えたかったら、そのお手伝いをします。

この場所がその一助になればと思います。

また、いろいろな質問を頂くことは

私自身の勉強にもなります。

これからもよろしくお願い致します。

2011年1月 5日 (水)

坂本竜馬がボウリング

今年2011年はボウリングが日本に

伝来して150年を迎えます。

150年前長崎の出島にボウリング場がオープン

その時期、坂本竜馬が長崎に滞在し

貿易に携わっていたことから

日本人で最初にボウリングをしたのは

坂本竜馬なのでは。と言われています。

その150周年を記念し、

6月22日(水)に

社団法人日本ボウリング場協会主催で

長崎市・グラバー園にて式典を行ないます。

庭園のライトアップなど

幻想的な雰囲気の中で行なえそうです。

しかし、

雨が降るとガーデンパーティはできないので

天気が良いことを祈ります。

ボウリング日本伝来150年

これを多くの方々に知って頂き、

ボウリング界の活性につながって

欲しいものです。

2010年2月18日 (木)

カーリングはボウリングの仲間

今朝は、朝五時まで

バンクーバーオリンピックのカーリングを観戦。

世界No1のカナダチームとの対戦。

惜しくも敗れましたが・・・・

ワンショット、ワンショットの大事さ

ミスしない強さが本当に必要と感じました。

強いチームって最後は勝ってしまうのですね。

ボウリングはFIQ(国際柱技者連盟)の一つの競技ですが、

カーリングも同じ団体に入っています。

芝生でするローンボウリングやナインピンボウリングなどとともに

元は同じ遊び?だったそうです。

氷を読む。

コースを考える。

曲げる。

スプリットを取るようなダブルテイク。など

同じ要素がたくさんありましたね。

それにしても、頭を、頭脳をあんなに使う競技とは

知りませんでした。

思わずのめり込んでしまいました。

最近の写真

  • 129l
  • 129g
  • Pro
  • Jyosi
  • Guest